パリのおすすめの本屋さん9選 ここに行けば揃う!厳選書店

投稿日:2016-05-24 更新日:

パリで本を購入したい時に最適の書店をご紹介致します。

日常の本の購入はアマゾンで済ませてしまうかもしれませんが、本屋さんに行くと思いがけない発見があったりして面白いです。

お土産にフランス語の本を購入するのも素敵ですね。

今回は夜も遅くまでオープンしているお店や人気の店舗をご紹介します。可愛らしい雑貨を扱う本屋さんも記載しました。パリで本を買うなら、この店舗に行けば、まず大丈夫です!

Gibert Jeune

125年の歴史を持つ大型書店、ジベール・ジューヌ Gibert Jeune

Gibert Jeune

パリ2区、サンミシェル駅前にあるパリの大型書店ジベール・ジューヌ。品揃え豊富で、新書と古書のどちらも扱っています。書籍の分野ごとに店舗を分けています。経済、科学、芸術などの学術書、小説、旅行、料理、学習本などなど、あらゆる本を扱っています。

【Gibert Jeuneについて詳しく見る】

 

Fnac Champs-Elysées

パリで電化製品・書籍・DVDの購入に便利なお店!

Fnac Champs-Elysées

フランスの大型小売チェーンです。電化製品や書籍、DVD、CDをメインに扱っています。Fnacシャンゼリゼ店は日曜もオープン、かつ平日も夜遅くまでオープンしていて便利です。最新の書籍や有名なものは揃えているトレンドを見ることのできる便利なお店です。

【Fnac Champs-Elysées について詳しく見る】

 

Boulinier

古本を探しているならまずはココ

パリ 古本屋

古本、中古CDをメインとしている書店です。小説、歴史物、図表、映画関係、アート関係、資格や教育関係、学校の教科書など、なんでもあります!完全に古本メインなので掘り出し物があるかもしれません。本を売りたい、買いたい場合には覗いてみることをおすすめします!50セント以下の本もあります。

 

L’Ecume des Pages

サンジェルマンデプレ教会からすぐの本屋さん L’Ecume des pages

L’Ecume des Pages

サンジェルマン・デ・プレ教会からすぐの立地。落ち着いていて、センスも雰囲気も良い本屋さん。夜遅くまでオープンしていますので、ショッピングの後に立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

【L’Ecume des Pagesについて詳しく見る】

 

Galignani

ヨーロッパ大陸最古の英語本屋 Galignani

Galignani

リヴォリ通り沿い、テュイルリー庭園前にある歴史を感じる本屋。ヨーロッパ大陸で最古の英語本店といわれているお店です。フランス語本と英語本の小説、歴史、芸術、経済、旅行書などを備えています。

【Galignaniについて詳しく見る】

 

Shakespeare & Company

パリの英文学好きの聖地とも言える歴史ある本屋さん

1

英文学を扱う歴史ある人気店舗!店内にずらりと並んだ書籍は圧巻です。隣にカフェも併設。今ではあまりに人気で観光客で小さな店内はごった返していますが、空いている時には、ゆっくりと本を手に取って選びたくなる書店です。

【Shakespeare & Companyについて詳しく見る】

 

Librairie Gourmande

料理好きなお客様にぴったりの本屋

Librairie Gourmande

お料理がお好きなお客様に是非おすすめしたいのがこちらの本屋さん。料理、食に関する本の専門店で世界中の料理についてがココに揃っています!美味しそうで美しいお食事の写真を見ているだけで幸せな気持ちなります。

【Librairie Gourmandeについて詳しく見る】

 

ユネスコ世界遺産にもなっているブキニスト

17世紀からのパリの風物詩

ブキニスト パリ 本屋

17世紀から歴史の続くセーヌ川沿いの古本屋「ブキニスト」!今ではお土産物屋さんのようになっていますが、雰囲気は昔ながら!観光でセーヌ川散策時に立ち寄ってみてはいかがでしょう?

【ブキニストについて詳しく見る】

 

Brentano's

可愛らしい雑貨も置いている観光客向けのお洒落な本を置いているブランタノズ

Brentano's

本屋さんというよりも、メインは可愛くてお洒落なパリの雑貨やポストカードの数々!オペラ通りに位置していて観光の合間にも立ち寄り易く、日本人に好まれるセンスの良いお土産選びにぴったりのおすすめ店です。

【Brentano'sについて詳しく見る】

 

【▶パリの観光地を地区別にまとめたページもご覧ください★】
【▶パリの旬なイベントをまとめたページもご覧ください★】

美術館/展示

2020/1/16

モネの睡蓮(マルモッタンモネ美術館)まとめ!ルノワール作品もあります

モネの睡蓮といえば、オランジュリー美術館が有名ですが、マルモッタンモネ美術館にも沢山の作品があります。さらに、あまり混んでいないので、ゆっくり鑑賞できるのがポイント!どのような作品があるのか、外せない作品はどれなのか、ご紹介致します。   目次マルモッタンモネ美術館とは?モネの睡蓮印象派の名前の由来になったモネの作品「印象 日の出」その他のモネの美しい作品 マルモッタンモネ美術館とは? 美術史家のマルモッタンさんのコレクションと寄贈された物を公開している美術館です。元々マルモッタンの邸宅だっただ ...

美術館/展示

2020/1/15

マルモッタンモネ美術館とは?作品(モネの睡蓮)や特徴と行き方

モネの作品といえば、オランジュリー美術館内の360度に広がる睡蓮が有名ですが、モネの作品はマルモッタンモネ美術館にも沢山収蔵してあります。どのような作品があるのか、また美術館への行き方をご紹介致します。   目次マルモッタンモネ美術館とは?歴史と特徴オーディオガイド荷物預けマルモッタン美術館、階ごとの内容地上階1階(日本でいう2階)地下1階お土産屋さん・ブティックマルモッタンモネ美術館への行き方・アクセスマルモッタンモネ美術館の住所マルモッタンモネ美術館への行き方メトロで行く場合バスで行く場合 ...

歴史的建造物 バー アクティビティとエンターテイメント

2020/1/7

ヘミングウェイバー(リッツホテル・パリ)歴史ある伝説のバー

パリには、お洒落なバーがいくつもありますが、ヴァンドーム広場内のヘミングウェイバーは歴史があり、内装も美しく、大変人気のあるバーです。デートにも、接待にもおすすめです。   目次ヘミングウェイバーとは?ヘミングウェイが常連客伝説のバーテンダーヘミングウェイバーの開店時間ヘミングウェイバーの美しいこだわりの内装ヘミングウェイバーでのおすすめの飲み物一番最初に提供される物ヘミングウェイバー住所とアクセス ヘミングウェイバーとは? リッツホテル内、リッツバーの真向かいに位置しているヘミングウェイバー。 ...

歴史的建造物 クリスマス

2020/1/6

ヴァンドーム広場とリッツホテルのクリスマスデコレーション(2019年)

美しくゴージャスな空間、数々の有名高級ジュエリーショップ店がひしめくヴァンドーム広場です。2019年のクリスマスの様子はこちらです。   ヴァンドーム広場 広場に入る前にあるルイヴィトン店舗は美しく黄金の陽光のようなデザインが建物全面に施されて通行客の注目を集めていました。 さて、ヴァンドーム広場です。美しいクリスマスツリーが輝いています。 リッツホテル前はこのような感じです。広場にクリスマスマーケットのスタンドが1つ見えます。 美しい広場を眺めながらのホットワインも素敵ですね。 リッツホテル内 ...

歴史的建造物 凱旋門/シャンゼリゼ通り周辺 アクティビティとエンターテイメント

2020/1/3

グランパレ内のアイススケートは夜ナイトクラブのように盛り上がります。2019年冬

パリのグランパレの展示場の部分は、毎年冬になるとアイススケート場に変身します! 一体どのような感じなのかご紹介致します。   目次グランパレ内のスケートの特徴スケート靴の貸出は料金に含まれています。軽食する場所もありますスケートのオープン時間と入場料金テロ対策として、持ち込めないものスケートの昼と夜の部との違いとは?好みに合わせて時間帯を選ぶのがおすすめです。グランパレへのアクセス グランパレ内のスケートの特徴 グランパレ内、スケート場になっているのは、国際的な展示会として使用される吹き抜け、ガ ...

ランキングに参加しています♪

皆様の温かい応援が日々の更新の励みになります。応援クリック、2つのアイコン共にどうぞよろしくお願い致します!



にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

-【必見】生活お役立ち情報, 雑貨/コスメ土産, ショッピング
-

Copyright© フランス・パリ旅行ブログ , 2020 All Rights Reserved.