フランス国鉄SNCFの構内アナウンスとメロディの声は誰?どんな人?

投稿日:

フランス内をメトロではなく、地上を走る鉄道で旅したことがある方なら、一度は耳にしたことがあると思われる、メロディとアナウンス。

耳に残るタンタンターラッ♪というメロディなのですが、実は機械音ではなく、アナウンスをしている女性が歌っているのだそうです!彼女の声はフランス全土で一番聞かれている声と言っても過言ではありません。

どんな女性が担当しているのか、チェックしてみましょう!

 

SNCFの音声アナウンスはどのような声?

聞き取りやすい力強さ、人間味のある温かみ、せかせかしている駅構内で人の心をなだめる優しさがある声です。

番組でも注目されることがあるほど、フランス人誰もが聞き慣れている愛着のある声。駅を毎日利用する方にとっては生活の一部とも言える声なのです。

さっそく声を聞いてみましょう。

 

そもそもSNCFとは?

フランスの国有の鉄道事業会社です。SNCFは略称で、正式名称は「Société Nationale des Chemins de fer Français」とそのままフランスの国鉄会社といった意味になっています。本社はパリ近郊のサン=ドニに位置しています。

 

SNCFのアナウンス音は誰の声?

このアナウンスの声の持ち主はSimone Héraultさん(1950年生)という女性の方です。

 

Simoneが選ばれることになったきっかけ

若い頃、ラジオ局の秘書としてインターンシップをしていたことをきっかけに、Simoneはラジオ業界に入ります。その後ラジオでプレゼンターとして活動していました。

その頃にSNCFがアナウンスを一新したいということで、当時のラジオ局に声に担当できる人がいないか声をかけ、2人のうちの1人に選ばれます。最初は2人のアナウンスをだったそうですが、数年でSimoneさんだけになるのです。

SNCFにて声を担当したのが1981年!現在まで約38年間彼女がSNCFの全フランス駅構内、車内アナウンス、テーマメロディの声を担当し続けてきています。一番最初のTGVのアナウンスからだそうです!!

あまりに綺麗な統一感のある声なので、機械音声なのではとフランス人でさえも思っていますのですが、昔から今まで、変わらずなのです・・!これは凄いことですね。

 

Simoneの声はどこで聞けるの?

SNCFが管轄するフランス全土の駅、3,000駅以上。既に約4,000時間分のアナウンスが録音されており、計算によると、Simoneさんの声は既に10億回以上は聞かれていることになるそうです・・!

メロディ自体は2005年に導入されたそうですが、ほとんどのフランス人が皆知っているメロディです。

 

録音秘話

駅名によっては発音が難しいものや、あまり聞き慣れない場合は、その駅の駅長さん、街のツーリストオフィスや役所に電話をして駅名の正しい発音の確認をしているそうです。

 

ちなみに大きなストライキの時など、録音されたもので対応出来ない時は、本人が直接駅にてアナウンスを実際に出していることもあるようです!!レア!!

 

Simoneの現在の活動

彼女は19歳の時からナレーションの仕事に携わってきているベテランさんです。フランスでは声優という職業を「LES COMÉDIENS VOIX OFF」というようです。

表に名乗らない影の仕事をしてきた彼女ですが、2000年にラジオ局での仕事を退職する際に、これからは人と対面で会ってコミュニケーションをする仕事をしたいと感じるように!

そして2001年に、同じくSNCFにて働いていた友人と共に朗読やフランス文化に関する会社「Lire Autrement」を立ち上げました。司会進行やミュージシャンの方などが在籍している会社で、現在イキイキと活動なさっています!

 

まとめ

日本の鉄道の出発前メロディと比べると、少しモダンで暗め?という第一印象があったのですが、今回しっかり聞いてみたら、メロディ最後がターラッ♪と明るく終わっていたことに気づきました。

Simoneさんの明るい素敵な雰囲気、駅でアナウンスを聞くたびに思い出します。

美術館/展示

2020/1/23

ギメ東洋美術館(フランス・パリ)仏像や陶器、日本美術もあります。

ギメ東洋美術館というパリ一の東洋美術専門の美術館があります。どのようなところなのか、チェックしてみます! 目次ギメ東洋美術館とは?エミール・ギメとは?様々な仏像コレクションを見ることができます。中国コレクションは4000年の多岐に渡ります。日本コレクション美しい図書館ギメ東洋美術館への行き方・アクセス ギメ東洋美術館とは? ギメ東洋美術館(Musée national des arts asiatiques Guimet)は、リヨンの実業家、エミール・ギメ(1836-1918)によって1879年にリヨンに ...

美術館/展示

2020/1/21

バルザック(人間喜劇などの小説家)の家。パリの景色が綺麗でピクニック可能

19世紀を代表するフランスの小説家オノレ・ド・バルザック(Honoré de Balzac)のパリにある家を訪れることができます。どのような雰囲気の美術館なのかご紹介します。   目次バルザックとは?バルザックの家 MAISON DE BALZACお家の見学図書館カフェもありますバルザックの家へのアクセス バルザックとは? オノレ・ド・バルザック(Honoré de Balzac)(1799〜1850)フランスの小説家。 特に有名なのは90篇の長編・短編からなる写実的小説群「人間喜劇」。約200 ...

美術館/展示

2020/1/16

モネの睡蓮(マルモッタンモネ美術館)まとめ!ルノワール作品もあります

モネの睡蓮といえば、オランジュリー美術館が有名ですが、マルモッタンモネ美術館にも沢山の作品があります。さらに、あまり混んでいないので、ゆっくり鑑賞できるのがポイント!どのような作品があるのか、外せない作品はどれなのか、ご紹介致します。   目次マルモッタンモネ美術館とは?モネの睡蓮印象派の名前の由来になったモネの作品「印象 日の出」その他のモネの美しい作品 マルモッタンモネ美術館とは? 美術史家のマルモッタンさんのコレクションと寄贈された物を公開している美術館です。元々マルモッタンの邸宅だっただ ...

美術館/展示

2020/1/15

マルモッタンモネ美術館とは?作品(モネの睡蓮)や特徴と行き方

モネの作品といえば、オランジュリー美術館内の360度に広がる睡蓮が有名ですが、モネの作品はマルモッタンモネ美術館にも沢山収蔵してあります。どのような作品があるのか、また美術館への行き方をご紹介致します。   目次マルモッタンモネ美術館とは?歴史と特徴オーディオガイド荷物預けマルモッタン美術館、階ごとの内容地上階1階(日本でいう2階)地下1階お土産屋さん・ブティックマルモッタンモネ美術館への行き方・アクセスマルモッタンモネ美術館の住所マルモッタンモネ美術館への行き方メトロで行く場合バスで行く場合 ...

歴史的建造物 バー アクティビティとエンターテイメント

2020/1/7

ヘミングウェイバー(リッツホテル・パリ)歴史ある伝説のバー

パリには、お洒落なバーがいくつもありますが、ヴァンドーム広場内のヘミングウェイバーは歴史があり、内装も美しく、大変人気のあるバーです。デートにも、接待にもおすすめです。   目次ヘミングウェイバーとは?ヘミングウェイが常連客伝説のバーテンダーヘミングウェイバーの開店時間ヘミングウェイバーの美しいこだわりの内装ヘミングウェイバーでのおすすめの飲み物一番最初に提供される物ヘミングウェイバー住所とアクセス ヘミングウェイバーとは? リッツホテル内、リッツバーの真向かいに位置しているヘミングウェイバー。 ...

ランキングに参加しています♪

皆様の温かい応援が日々の更新の励みになります。応援クリック、2つのアイコン共にどうぞよろしくお願い致します!



にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

-【必見】生活お役立ち情報
-

Copyright© フランス・パリ旅行ブログ , 2020 All Rights Reserved.