モネの睡蓮(マルモッタンモネ美術館)まとめ!ルノワール作品もあります

投稿日:

モネの睡蓮といえば、オランジュリー美術館が有名ですが、マルモッタンモネ美術館にも沢山の作品があります。さらに、あまり混んでいないので、ゆっくり鑑賞できるのがポイント!どのような作品があるのか、外せない作品はどれなのか、ご紹介致します。

 

マルモッタンモネ美術館とは?

美術史家のマルモッタンさんのコレクションと寄贈された物を公開している美術館です。元々マルモッタンの邸宅だっただけに、温かみのある素敵な美術館です。

その歴史と内容についてはこちらへどうぞ!

マルモッタンモネ美術館とは?作品(モネの睡蓮)や特徴と行き方

モネの作品といえば、オランジュリー美術館内の360度に広がる睡蓮が有名ですが、モネの作品はマルモッタンモネ美術館にも沢山収蔵してあります。ど ...

続きを見る

 

モネの睡蓮

マルモッタンモネ美術館の地下1階にモネのコーナーがあります。ジヴェルニーの邸宅兼アトリエの庭にある睡蓮の絵が沢山並んでいます。その美しさ、水面の美しさに圧倒されます!

マルモッタンモネ美術館 パリ モネ 睡蓮

オランジュリー美術館のように、円形のような部屋360度に睡蓮の絵画が並べてある様子をパノラマ撮影してみました。

マルモッタンモネ美術館 パリ モネ 睡蓮

ゆっくりと心ゆくまで鑑賞することができるように、真ん中にはベンチが並んでいます。

マルモッタンモネ美術館 パリ モネ 睡蓮

お昼間に来ても空いていて、ゆっくりと見ることができます。

マルモッタンモネ美術館 パリ モネ 睡蓮

様々なタイプの睡蓮の絵があり、色々な発見があって楽しいです。

マルモッタンモネ美術館 パリ モネ 睡蓮

モネが白内障を患ってから、睡蓮の池にある日本風の橋を描いた作品が下記の絵画です。緑の色合いの中に赤色が増えて、迫力があります。

マルモッタンモネ美術館 パリ モネ 睡蓮マルモッタンモネ美術館 パリ モネ 睡蓮

 

印象派の名前の由来になったモネの作品「印象 日の出」

この美術館で見逃してはならない作品が、モネの1872年作「IMPRESSION SOLEIL REVANT」です。

この作品をきっかけに、彼らの絵画の表現方法を印象派と呼ぶようになったのです。美術史の歴史を変えた、新しい技法のネーミングはこの作品名から取られたのですね!!

マルモッタンモネ美術館 パリ モネ 睡蓮

ル・アーブルの街を描いた作品ですが、太陽が水面に反射している感じがなんとも美しいです。水面の様子が伝わってきます。近くで見ると、サッサッと線が足されているのに、この雰囲気を描き出すなんて・・・!水と光の魔術師ですね。

マルモッタンモネ美術館 パリ モネ 睡蓮

 

その他のモネの美しい作品

蒸気がふわふわと動いているかのようにリアルです。絵画の中の時がまるで動いているかのように感じさせられる美しい絵画です。

マルモッタンモネ美術館 パリ モネ 睡蓮

こちらも駅のホームに入ってきたばかりの鉄道ですが。駅まで出向いてモネがしっかり描いていたのがわかる、素敵な絵画です。

マルモッタンモネ美術館 パリ モネ 睡蓮

モネが魅入られたイタリアの景色。ルノワールと一緒に訪問したこともあるそうです。

マルモッタンモネ美術館 パリ モネ 睡蓮

そしてこちらが、モネが手放さずに手元に置いていた、ルノワールに描いてもらったモネのポートレートです。タバコを吸いながら新聞を読んでいます。とても優しいタッチで、心のおけない友人との時間、といった雰囲気がしますね。

マルモッタンモネ美術館 パリ モネ 睡蓮

 

モネの睡蓮、オランジュリー美術館はこちらへ

オランジュリー美術館、リノベーション中(2019年)モネの睡蓮の間は見れる?

現在リノベーション工事中のオランジュリー美術館。どのような感じなのでしょう?   目次リノベーション中でも、モネの睡蓮の間は見るこ ...

続きを見る

 

ルノワール作品が多くあるオルセー美術館についてはこちらへ

オルセー美術館の観光見所/19世紀後半~20世紀初頭の西洋美術

目次オルセー美術館西洋美術をメインとした数々の作品を収蔵する美術館オルセー美術館が所蔵する作品の作家オルセー美術館のファサードに見えるアルフ ...

続きを見る

美術館/展示

2020/1/23

ギメ東洋美術館(フランス・パリ)仏像や陶器、日本美術もあります。

ギメ東洋美術館というパリ一の東洋美術専門の美術館があります。どのようなところなのか、チェックしてみます! 目次ギメ東洋美術館とは?エミール・ギメとは?様々な仏像コレクションを見ることができます。美しい図書館ギメ東洋美術館への行き方・アクセス ギメ東洋美術館とは? ギメ東洋美術館(Musée national des arts asiatiques Guimet)は、リヨンの実業家、エミール・ギメ(1836-1918)によって1879年にリヨンに建てられた「ギメ宗教博物館」が元となっています。その後、188 ...

美術館/展示

2020/1/21

バルザック(人間喜劇などの小説家)の家。パリの景色が綺麗でピクニック可能

19世紀を代表するフランスの小説家オノレ・ド・バルザック(Honoré de Balzac)のパリにある家を訪れることができます。どのような雰囲気の美術館なのかご紹介します。   目次バルザックとは?バルザックの家 MAISON DE BALZACお家の見学図書館カフェもありますバルザックの家へのアクセス バルザックとは? オノレ・ド・バルザック(Honoré de Balzac)(1799〜1850)フランスの小説家。 特に有名なのは90篇の長編・短編からなる写実的小説群「人間喜劇」。約200 ...

美術館/展示

2020/1/16

モネの睡蓮(マルモッタンモネ美術館)まとめ!ルノワール作品もあります

モネの睡蓮といえば、オランジュリー美術館が有名ですが、マルモッタンモネ美術館にも沢山の作品があります。さらに、あまり混んでいないので、ゆっくり鑑賞できるのがポイント!どのような作品があるのか、外せない作品はどれなのか、ご紹介致します。   目次マルモッタンモネ美術館とは?モネの睡蓮印象派の名前の由来になったモネの作品「印象 日の出」その他のモネの美しい作品 マルモッタンモネ美術館とは? 美術史家のマルモッタンさんのコレクションと寄贈された物を公開している美術館です。元々マルモッタンの邸宅だっただ ...

美術館/展示

2020/1/15

マルモッタンモネ美術館とは?作品(モネの睡蓮)や特徴と行き方

モネの作品といえば、オランジュリー美術館内の360度に広がる睡蓮が有名ですが、モネの作品はマルモッタンモネ美術館にも沢山収蔵してあります。どのような作品があるのか、また美術館への行き方をご紹介致します。   目次マルモッタンモネ美術館とは?歴史と特徴オーディオガイド荷物預けマルモッタン美術館、階ごとの内容地上階1階(日本でいう2階)地下1階お土産屋さん・ブティックマルモッタンモネ美術館への行き方・アクセスマルモッタンモネ美術館の住所マルモッタンモネ美術館への行き方メトロで行く場合バスで行く場合 ...

歴史的建造物 バー アクティビティとエンターテイメント

2020/1/7

ヘミングウェイバー(リッツホテル・パリ)歴史ある伝説のバー

パリには、お洒落なバーがいくつもありますが、ヴァンドーム広場内のヘミングウェイバーは歴史があり、内装も美しく、大変人気のあるバーです。デートにも、接待にもおすすめです。   目次ヘミングウェイバーとは?ヘミングウェイが常連客伝説のバーテンダーヘミングウェイバーの開店時間ヘミングウェイバーの美しいこだわりの内装ヘミングウェイバーでのおすすめの飲み物一番最初に提供される物ヘミングウェイバー住所とアクセス ヘミングウェイバーとは? リッツホテル内、リッツバーの真向かいに位置しているヘミングウェイバー。 ...

ランキングに参加しています♪

皆様の温かい応援が日々の更新の励みになります。応援クリック、2つのアイコン共にどうぞよろしくお願い致します!



にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

-美術館/展示
-,

Copyright© フランス・パリ旅行ブログ , 2020 All Rights Reserved.