これはパイプではない。「ルネ・マグリット」

投稿日:2016-10-21 更新日:

ベルギーのシュルレアリスト、画家ルネ・マグリット(René Magritte)

現在ポンピドゥーセンターにて、ベルギー人画家ルネ・マグリット(1898-1967)の企画展を行っています。シュールレアリスムを代表とする作家である彼の作品は、日常の現実を一風変えてだまし絵的な技巧を用いて表現したり、非現実的な風景や物体と掛け合わせたり、鑑賞者は彼の作品を見ると奇妙な感覚に陥るとともに、何を表現しているのかがわからず困惑してしまうのです。彼の作品では絵画に描かれているイメージとタイトルの内容がかけ離れていることもあり、鑑賞者は絵画鑑賞を通してマグリットの意図した哲学的なメッセージを探ります。

ルネ・マグリット

 

「イメージの裏切り」
La Trahison des Images (The Treachery of Images)

マグリット1929年作、ロサンゼルス現代美術館所蔵作品です。リアルに描かれたパイプの下に「これはパイプではない」という一文が書かれています。こんなにも写実的に描かれたパイプがパイプではないとは・・一体どういうことなのでしょうか?マグリット曰く、パイプのイメージを描いているだけで、これは煙を出す本物のパイプではない、絵でしかない。ということなのだそうです。絵画は言葉と同様、現実を写し取るものではない、として言葉とイメージの表現を追求しました。哲学者ミシェル・フーコーは1973年に出版した書籍「これはパイプではない」の中でこの作品についてを論考しました。

ルネ・マグリット

ルネ・マグリット

ルネ・マグリットホームページ
ルネ・マグリットの作品に関するページ【Artsy】

美術館/展示

2020/1/16

モネの睡蓮(マルモッタンモネ美術館)まとめ!ルノワール作品もあります

モネの睡蓮といえば、オランジュリー美術館が有名ですが、マルモッタンモネ美術館にも沢山の作品があります。さらに、あまり混んでいないので、ゆっくり鑑賞できるのがポイント!どのような作品があるのか、外せない作品はどれなのか、ご紹介致します。   目次マルモッタンモネ美術館とは?モネの睡蓮印象派の名前の由来になったモネの作品「印象 日の出」その他のモネの美しい作品 マルモッタンモネ美術館とは? 美術史家のマルモッタンさんのコレクションと寄贈された物を公開している美術館です。元々マルモッタンの邸宅だっただ ...

美術館/展示

2020/1/15

マルモッタンモネ美術館とは?作品(モネの睡蓮)や特徴と行き方

モネの作品といえば、オランジュリー美術館内の360度に広がる睡蓮が有名ですが、モネの作品はマルモッタンモネ美術館にも沢山収蔵してあります。どのような作品があるのか、また美術館への行き方をご紹介致します。   目次マルモッタンモネ美術館とは?歴史と特徴オーディオガイド荷物預けマルモッタン美術館、階ごとの内容地上階1階(日本でいう2階)地下1階お土産屋さん・ブティックマルモッタンモネ美術館への行き方・アクセスマルモッタンモネ美術館の住所マルモッタンモネ美術館への行き方メトロで行く場合バスで行く場合 ...

歴史的建造物 バー アクティビティとエンターテイメント

2020/1/7

ヘミングウェイバー(リッツホテル・パリ)歴史ある伝説のバー

パリには、お洒落なバーがいくつもありますが、ヴァンドーム広場内のヘミングウェイバーは歴史があり、内装も美しく、大変人気のあるバーです。デートにも、接待にもおすすめです。   目次ヘミングウェイバーとは?ヘミングウェイが常連客伝説のバーテンダーヘミングウェイバーの開店時間ヘミングウェイバーの美しいこだわりの内装ヘミングウェイバーでのおすすめの飲み物一番最初に提供される物ヘミングウェイバー住所とアクセス ヘミングウェイバーとは? リッツホテル内、リッツバーの真向かいに位置しているヘミングウェイバー。 ...

歴史的建造物 クリスマス

2020/1/6

ヴァンドーム広場とリッツホテルのクリスマスデコレーション(2019年)

美しくゴージャスな空間、数々の有名高級ジュエリーショップ店がひしめくヴァンドーム広場です。2019年のクリスマスの様子はこちらです。   ヴァンドーム広場 広場に入る前にあるルイヴィトン店舗は美しく黄金の陽光のようなデザインが建物全面に施されて通行客の注目を集めていました。 さて、ヴァンドーム広場です。美しいクリスマスツリーが輝いています。 リッツホテル前はこのような感じです。広場にクリスマスマーケットのスタンドが1つ見えます。 美しい広場を眺めながらのホットワインも素敵ですね。 リッツホテル内 ...

歴史的建造物 凱旋門/シャンゼリゼ通り周辺 アクティビティとエンターテイメント

2020/1/3

グランパレ内のアイススケートは夜ナイトクラブのように盛り上がります。2019年冬

パリのグランパレの展示場の部分は、毎年冬になるとアイススケート場に変身します! 一体どのような感じなのかご紹介致します。   目次グランパレ内のスケートの特徴スケート靴の貸出は料金に含まれています。軽食する場所もありますスケートのオープン時間と入場料金テロ対策として、持ち込めないものスケートの昼と夜の部との違いとは?好みに合わせて時間帯を選ぶのがおすすめです。グランパレへのアクセス グランパレ内のスケートの特徴 グランパレ内、スケート場になっているのは、国際的な展示会として使用される吹き抜け、ガ ...

ランキングに参加しています♪

皆様の温かい応援が日々の更新の励みになります。応援クリック、2つのアイコン共にどうぞよろしくお願い致します!



にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

-美術館/展示

Copyright© フランス・パリ旅行ブログ , 2020 All Rights Reserved.