パリでのストライキはいつまで続くの?原因は何?(2019年12月5日から)

投稿日:2020-01-20 更新日:

現在フランスでは年金制度の改革に反対して、交通機関を中心に大規模なストライキが12月から長らく続いています。

様々な所に影響が出ていますが、特にメトロの運行が不安定だったことが一番パリで生活する人々の生活に影響を与えました。12月5日から始まり、未だに続いています。パリジャン達は徒歩もしくは自転車での生活を余儀なくされ、今年の冬は健康的だ、なんて冗談も飛ぶくらいです。

そんな2020年1月の最近の様子をお伝えします。

ストライキの原因:年金制度の改革に反対して

フランスのマクロン政権が財政を再建するために進めている年金制度の改革ですが、一番問題が大きくなっているのは、SNCF(フランス国鉄)とRATP(パリ交通公団)の職員の年金改革です。現在42種の年金制度を一本化にし、ポイント制とする内容だと、年金額が現在予定しているよりも下がってしまう人が多く、大反対なのです。

そのため、昨年2019年12月5日より大規模なストライキが始まりました。メトロの運行停止で通勤ができず、自宅から仕事をする人も増えました。フランス史上最長の国鉄ストライキとなっており、今日で何日目〜と記録がどんどん伸びています。

 

ストライキはいつまで?現在のメトロ・鉄道状況

1月20日現在、メトロや近郊鉄道RERの運行は、わりと通常通りに近づいて運行されています。つい先週まではメトロがラッシュアワーの時間だけの運行だったので、本当に混み合って大変でした。今、皆がメトロの有り難みを感じでいることでしょう。

パリ RER

パリ 近郊鉄道RER

しかし、まだいつストライキが終わるのかはわかりません。。マクロン政権がどのように出るかによってです。パリ市民もこのストライキについては仕方が無いと思って為す術なしです。

 

ストライキ中はどのような感じ?

メトロとRERの状況

メトロや近郊鉄道RERの運行は12月5日以降ずっと不安定でした。無人の自動運転である1番線、14番線はわりと通常運行していましたが、その他の路線と近郊鉄道RERは全面運行見合わせていたり、一部の駅間だけの運行、もしくは朝と夕方のラッシュアワー帯のみの運行だったりとバラバラでした。

人々は、動いているメトロの駅まで遠くても歩く!バスを乗り継ぐ、もしくは会社まで徒歩で歩く(1時間半くらい歩いて通っている人もいました・・・)というのが2019年冬の状況でした。

鉄道の運行状態は前日もしくは当日にならないと確かなことがわからないので、皆サイトを見てはあたふた!メトロの運行時間が変わったみたいよ〜!今すぐ出ないと帰れなくなる〜!といったことが日常茶飯事でした。

すぐ左側の通路に人混みが見えます。こちらは1番線(無人運転)から7番線への乗り換え通路です。15分程でラッシュアワーとなり、7番線が動き出すため、皆行列して待っているのです。

 

国鉄の状況

国鉄も大幅な間引き運転でした・・。クリスマス休暇で帰省する人、折角どこかへ出かけようと思っていた旅行者も列車がキャンセルとなり・・・本当に途方に暮れる状況でした。。

バスの状況

電車の代わりにバスを利用する方も増え、日本の満員電車並みにバス入り口付近が混み合っていて大変でした。(もはや入口から乗れないので下車口から乗って支払い無しが当たり前の状況のようです)

交通状況

では車は?ということですが、近郊鉄道RERの運行が不安定なため、パリ郊外からも車で通勤する人が増え、パリ中がそれは大変な交通渋滞でした!!

自転車や自動キックボードに乗って道路を走行する人も多く、なんだか見ていてハラハラするような運転もありました。

UBERの料金も需要が増えて料金が釣り上がっていることがありました。

 

ストライキは色々なところで起きています。

オペラ座

出演者によるストライキの影響でパリのオペラ座の公演までもキャンセルが相次いでいます。

18日にはストライキに参加するオーケストラのメンバーや歌手たちが建物の外で演奏や歌を披露して反対を訴えていました。既にオペラ座では67公演が中止になり、損失額およそ1400万ユーロ(日本円で約17億円)に上るとのことです・・・・凄まじいですね。。

出典:Le Monde

 

ルーヴル美術館

17日には、ルーブル美術館の職員が加入している労働組合がストライキを通告。およそ100人のデモ隊が入り口前を封鎖したのです。ストライキによってルーヴル美術館が休館するのは今回のストライキ中初めてのことでした。

出典:Twitter @jmphiphi

 

クリスマス商戦&セールへの影響

クリスマス中は買い物客が増えるはずなのに、今年はストライキのせいでなかなか買い物に出られなかった人も多いと思います。また、年2回の大きなセール月である1月も、外出が減っていることでしょう・・・。

歴史的建造物

2020/2/13

バスティーユ広場観光と歴史、オブジェは何?治安は?

バスティーユ広場のまわりはとても賑わっており、沢山の人で賑わっています。フランス革命のきっかけともなったバスティーユ襲撃は世界史でも習ったことでしょうし、漫画「ベルサイユのばら」ではオスカルが戦う名シーンとして涙した方も沢山いらっしゃることでしょう。 現在広場はリノベーションを行っており、今年春から歩行者用の広場スペースが出来あがります!バスティーユ広場の歴史と共にご紹介致します。   目次バスティーユ広場とは?バスティーユ広場の歴史バスティーユ広場のオブジェは何?バスティーユ広場のまわりの治安 ...

パリの公園

2020/2/2

モンソー公園/パークモンソー(パリ)ジョギング&子供連れにおすすめの公園!

ジョギングにおすすめの、凱旋門からもすぐの穏やかな公園についてご紹介致します! 目次モンソー公園とは?(Parc Monceau)ジョギングにおすすめ!子供連れにおすすめ!モンソー公園へのアクセス モンソー公園とは?(Parc Monceau) 8区、凱旋門のあるPlace d'Etoilesから出ている12本の通りのうちの一本、Avenue Hocheをまっすぐ進むと、突き当りに公園が広がっています。公園の100mほど手前には日本大使館があります! とても静かで落ち着いた公園。家族や友人連れ、犬の散歩、 ...

美術館/展示

2020/1/23

ギメ東洋美術館(フランス・パリ)仏像や陶器、日本美術もあります。

ギメ東洋美術館というパリ一の東洋美術専門の美術館があります。どのようなところなのか、チェックしてみます! 目次ギメ東洋美術館とは?エミール・ギメとは?様々な仏像コレクションを見ることができます。中国コレクションは4000年の多岐に渡ります。日本コレクション美しい図書館ギメ東洋美術館への行き方・アクセス ギメ東洋美術館とは? ギメ東洋美術館(Musée national des arts asiatiques Guimet)は、リヨンの実業家、エミール・ギメ(1836-1918)によって1879年にリヨンに ...

美術館/展示

2020/1/21

バルザック(人間喜劇などの小説家)の家。パリの景色が綺麗でピクニック可能

19世紀を代表するフランスの小説家オノレ・ド・バルザック(Honoré de Balzac)のパリにある家を訪れることができます。どのような雰囲気の美術館なのかご紹介します。   目次バルザックとは?バルザックの家 MAISON DE BALZACお家の見学図書館カフェもありますバルザックの家へのアクセス バルザックとは? オノレ・ド・バルザック(Honoré de Balzac)(1799〜1850)フランスの小説家。 特に有名なのは90篇の長編・短編からなる写実的小説群「人間喜劇」。約200 ...

美術館/展示

2020/1/16

モネの睡蓮(マルモッタンモネ美術館)まとめ!ルノワール作品もあります

モネの睡蓮といえば、オランジュリー美術館が有名ですが、マルモッタンモネ美術館にも沢山の作品があります。さらに、あまり混んでいないので、ゆっくり鑑賞できるのがポイント!どのような作品があるのか、外せない作品はどれなのか、ご紹介致します。   目次マルモッタンモネ美術館とは?モネの睡蓮印象派の名前の由来になったモネの作品「印象 日の出」その他のモネの美しい作品 マルモッタンモネ美術館とは? 美術史家のマルモッタンさんのコレクションと寄贈された物を公開している美術館です。元々マルモッタンの邸宅だっただ ...

ランキングに参加しています♪

皆様の温かい応援が日々の更新の励みになります。応援クリック、2つのアイコン共にどうぞよろしくお願い致します!



にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

-期間限定的な出来事
-

Copyright© フランス・パリ旅行ブログ , 2020 All Rights Reserved.