フランスワーキングホリデービザの申請動機作文・滞在計画書・履歴書

投稿日:2018-12-24 更新日:

フランスにもワーキングホリデー制度があります。ビザ申請の際に、学生ビザと異なって、申請の志望動機を書く必要がありますが、面接はありません。どのように申請動機を書いたら良いのか、メモしておきます。

 

フランスのワーキングホリデービザのおすすめポイント

ワーキングホリデービザは学生ビザと異なり、語学学校に事前に申込み、入金を完了させる必要がありません。自分の好きな時に語学学校に通うこともできますし、フランス中やヨーロッパを好きなだけ旅行するも良し、アルバイトだけに打ち込むこともできます。(フランス語が堪能でなくても、すぐに日本食料理レストランでアルバイトは見つかります!)

語学学校の出席をキープする必要もないので、いつでも旅行することが可能なのです。フランスのビザを取ればヨーロッパに1年居ることができますから、長期で旅行に出ることも可能です。フランス(特にパリ)への留学のメリットとデメリットはこちらのページを御覧ください!

 

 ワーキングホリデーに必要な書類

学生ビザはキャンパスフランスというサイトを通して申請しますが、ワーキングホリデービザは書類を集めた後、在日フランス大使館のビザセクションの予約を入れて窓口で少しだけ面接があるのみです。必要な書類の中でどう書いたら良いのか悩むのは下記3点。

  1. 申請動機作文 日本語
  2. 滞在計画書 英語かフランス語
  3. 履歴書 英語かフランス語

こちらのページでは、書き方で迷っている方の少しでもお役に立てる用に伝え聞いた注意点を記載しておきました。ご参考になると良いです。

このブログの仕様上、すみませんがコピペが出来なくなっているのですが、印刷してそのまま書いてみるなどしてみてください〜!

 

ワーキングホリデービザ申請動機作文の書き方例

動機書は日本語で記載OKです!大使館の申請動機作文のダウンロード書類を印刷して、そこに手書きでチョコチョコ書く形なります。大体長さはB5用紙1枚程度、1000文字くらいで大丈夫です。

 

ワーキングホリデービザ申請動機作文の書き方のコツと例

フランスのことが大好きだ!というのを全面に押し出して、なぜ他の国ではなくフランスに行きたいのかを熱い想いを記します。

  • パリの美しい街並み、建築、お城に庭園、美味しい食べ物、お洒落なファッション、異文化、人種のるつぼ、エネルギッシュな雰囲気に圧倒された。
  • 子供の頃から興味を持ち続けていたフランスに実際に住んでみたいという気持ちが増々強くなった。
  • フランスの歴史、生活、習慣、言語、文化、伝統、価値観などを実際にフランスにて生活する中で学びたい。

今回の滞在でどんなことをしたいのか記載します。どうしてワーキングホリデービザを取得してまで行きたいのか、学生ビザでは出来ないようなことを記載するのが良いようです。

ここでワーキングホリデービザですが、こんなアルバイトをしたい、フランス企業で働きたい!といった就労についてを全面に出すのは控えたほうが良いようです。例だと下記のような感じでしょうか。

  • フランスの様々な地域に滞在しつつ、それぞれの歴史、見どころ、ワイン・食の魅力を発見したいと思います。特にボルドーでは4ヶ月程度の長期滞在をしてワインについて学びながら地元のワイナリー訪問をしたいです。また、ブルゴーニュ、ロワール、ラングドッグ、アルザス等各地のワイナリーを訪れたり、フランス中の古城巡りをしたり、ニース祭やレモン祭など南仏のイベントを見に行ったり、美しい町100選に選ばれている小さな町や村を実際に訪れて体感したいと思います。

帰国後はどうしたいのか、学んだ経験、フランス語力などと仕事を絡めて書きます。ワーキングホリデービザは1年だけのビザです。帰国後の展望もさらりと4行くらいは書いておくと良いかもしれません。

  • 帰国後はフランス滞在にて経験したことや学んだ知識を活かし、◯◯をしたい。

 

ワーキングホリデービザの動機注意点

学生ビザにしたら?と思われないような内容にする必要があります。また、フランスに永住できるように就労ビザを貰える仕事を探しに行こうとしているのでは?と思われる内容もNGのようです。

あくまで1年で様々なことを身につけて、日本に帰ることを示す必要があります!これらの内容をうまく盛り込んで文章を作ってみてください!

 

滞在計画書の書き方例

こちらは英語かフランス語での記載が必要でフリーフォーマットです。注意点として、先程の申請動機作文とも矛盾がないように書く必要があります

どこかに数ヶ月滞在予定!やお祭りを見に行きたいと書いたなら、こちらにも記載して置かなければなりません。※空欄などを入れており、携帯電話から見るとずれる可能性があります。(パソコン閲覧がおすすめです)

まずは自分の情報を記載します。

自分の名前(名字は全て大文字で記載します。例:Taro YAMADA)
誕生日 日付/月/年
国籍 Japonais/Japonaise
住所 英語の順番で番地,町〜
都道府県 郵便番号, JAPON
電話番号 Tel: +81 携帯電話番号でもOK
メールアドレス Mail: ◯◯

ここから滞在計画に入っていきます。

PLAN DE PENDANT LE SEJOUR D’UN VISA VACANCES-TRAVAIL
↑こちらは題名みたいな感じで大きく。

日付/月/年       Arriver à Paris パリに着く日

月/年-月/年     Ecole de français à Paris とりあえず学校に通う予定

Voyage touristique dans la Fête du Citron à Menton, le Carnaval de Nice à Nice, la Fête du mimosa à Sainte-Maxime et Saint-Tropez.
日付に合わせて見たいイベントごとを書いてみたり。

月/年-月/年      Voyage et séjour à Bordeaux ボルドーに長期滞在予定を書きます。Participation à la Fête le vin à Bordeaux et visite aux caves du vin à Bordeaux.

月/年-月/年      Visite aux caves du vin à Bourgogne, en Alsace, en champagne. Voyage touristique dans les villes.   色々なワイナリー見るぞ、的な内容です。

月/年-月/年      Voyage à Montpellier, Carcassonne et Toulouse, Visite aux caves du vin en Languedoc. Voyage dans les chateaux de la Loire et aux caves du vin à Loire.
こちらも旅行するぞ的な内容です。

日付/月/年        Retour au Japon 日本帰国日です。

このような感じにフランスを満喫する滞在計画書でもOKです。

 

履歴書の書き方例

こちらにも自分の情報をまず記載します。
自分の名前(名字は大文字です)
誕生日 日付/月/年
国籍 Japonais/Japonaise
住所 英語の順番で番地,町〜
都道府県 郵便番号, JAPON
電話番号 Tel: +81 携帯電話番号でもOKです。
メールアドレス Mail: ◯◯

履歴書の題名はフランス語で↓このような感じです。

CURRICULUM VITAE FORMATION(学歴、最終学歴で良いようです。大学なら大学だけ)
04/年-03/年        Université de △△ (Japon) Diplôme: 卒業した学部

EXPERIENCE (職歴)
月/年-月/年          Société ◯◯ 会社名を記載します。
どのような会社か、部門も書きます。
行っていた仕事内容を簡単に記載します。

月/年-月/年       転職した場合は違う会社名も記載します。

LANGUAGES (言語能力)
Francais:Debutant / Pré-Intermédiaire / Intermédiaire supérieur / Avancé
Anglais : レベルによって記載する内容を変えます。
Japonais:Langue Maternelle 母国語

 

まとめ

無事に多くの方がワーキングホリデービザを取得してフランスに渡航できますように!学生ビザよりもワーキングホリデービザの方が、志望動機がしっかりとしていなくて落とされることがある、という話をよく聞きます(なぜフランスが良いのか、好きな気持ちが伝わるように書きましょう!)しっかり考えて作成する必要がありそうです!

ビザが降りるかどうかは、フランス大使館の担当者の判断によります。傾向も変わるかもしれませんので、留学エージェントさんに是非確認をしてみて下さい!

ランキングに参加しています♪

いつもブログにお越し下さり、どうもありがとうございます。
皆様の温かい応援が日々の更新の励みになります。
応援クリック、2つのアイコン共にどうぞよろしくお願い致します♪
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ
↑↑それぞれ↓↓ にお願いします♪

-【必見】生活お役立ち情報, フランス語
-

Copyright© フランス・パリ旅行ブログ , 2020 All Rights Reserved.