フィリップコンティチーニ(パリ)とユーハイムがコラボしたバームクーヘン

投稿日:2020-01-14 更新日:

日本のケーキが売っているよ、とフランス人の友人から教えてもらってからハマっているフィリップ・コンティチーニ(パリ店)のバームクーヘンについてご紹介致します。

 

フィリップ・コンティチーニとは?

フィリップ・コンティチーニはフランスのガストロノミー界の巨匠で、シェフでありパティシエです。彼の名前を冠したパティスリーショップは、パリでは2店、東京では銀座シックスB2階と、渋谷スクランブルスクエア1階にて展開しています。

フィリップ・コンティチーニのお菓子についてはこちらをご覧ください。

美味しい!
フィリップコンティチーニとは?渋谷と銀座に店舗あり!人気のパフェ、ブラウニー、ミルフィーユ!

フィリップ・コンティチーニはフランスのデザート界の巨匠です。フィリップ・コンティチーニの経歴、店舗にてどのようなチョコレートやケーキ、お菓子 ...

続きを見る

 

フィリップコンティチーニのバームクーヘン

お店のショーウィンドウ側に、見慣れた機械がありませんか?なぜフランス人パティシエのお店にバウムクーヘンがあるのかというと・・。

フィリップ・コンティチーニ

 

ユーハイムとのコラボ

2019年11月からフィリップ・コンティチーニのお店にてバウムクーヘンを製造しています!なぜここで?ということですが、フィリップ・コンティチーニさんがユーハイムのバームクーヘンを大変気に入ったそうで、その製造機械と技術的な面でユーハイムとコラボレーションを行っているからなのです!

フィリップ・コンティチーニ材料、レシピについてはフィリップ・コンティチーニ側で調達、配合をしているようです。

お店の中にはユーハイムと書かれた機械がドドーンとおいてあり、バウムクーヘンの最後の調整をしているのは日本人のユーハイムスタッフさんです!

フィリップ・コンティチーニ

このユーハイムの文字を見ているだけで、安心します・・・・。(2020年1月21日現在、お店の内部に機械が移動してしまって、現在このマシンはもう見えなくなっています・・・ちょっと寂しい・・・)

 

どのようなバームクーヘン?

去年からスタートしたばかりなのでまだ試行錯誤中の部分もあるようですが、まるでユーハイムのバームクーヘンのように美味しいです。

甘すぎず、少ししっとり感もあり、口に入れて噛めば噛むほど甘みとコクが出てきて美味しいです。日本のユーハイムのバームクーヘンに比べると、しっとりしながらもパサッとしている気もします。

日本の味を食べたい時、疲れた時の癒やしです。一人でペロリと食べられます(カロリーが恐ろしいですが・・笑)

フィリップ・コンティチーニ

 

バームクーヘンの種類

チョコレート、抹茶、バナナ、バニラの4種類を販売しています。私は抹茶とチョコレート味が特に美味しいと思います。フランス人の友人も美味しいと言って食べていました。バナナは、そこまでガツンとバナナという味はしませんが、美味しいです。

ユーハイム

ぜひお試しを♪

 

バームクーヘンの箱がお土産に可愛い

さすが、日本とのコラボレーション!日本の店舗にて使用している、フィリップ・コンティチーニ本人をキャラクター化したイラストのパッケージに包まれています。

丁度よいサイズですので、手土産にもおすすめです♪

フィリップ・コンティチーニ

ユーハイム パリ

 

パリのフィリップ・コンティチーニ店舗アクセス

パリ16区

メトロ9番線La Muetteもしくは メトロ6番線Passy駅から徒歩

ケーキの他、パンも販売していますよ!

フィリップ・コンティチーニ

 

パリ7区

メトロ12番線のRue du Bacもしくは、10、12番線のSèvres - Babyloneから徒歩です。ボン・マルシェ百貨店や不思議のメダイ教会からもすぐです。

美術館/展示

2020/1/23

ギメ東洋美術館(フランス・パリ)仏像や陶器、日本美術もあります。

ギメ東洋美術館というパリ一の東洋美術専門の美術館があります。どのようなところなのか、チェックしてみます! 目次ギメ東洋美術館とは?エミール・ギメとは?様々な仏像コレクションを見ることができます。美しい図書館ギメ東洋美術館への行き方・アクセス ギメ東洋美術館とは? ギメ東洋美術館(Musée national des arts asiatiques Guimet)は、リヨンの実業家、エミール・ギメ(1836-1918)によって1879年にリヨンに建てられた「ギメ宗教博物館」が元となっています。その後、188 ...

美術館/展示

2020/1/21

バルザック(人間喜劇などの小説家)の家。パリの景色が綺麗でピクニック可能

19世紀を代表するフランスの小説家オノレ・ド・バルザック(Honoré de Balzac)のパリにある家を訪れることができます。どのような雰囲気の美術館なのかご紹介します。   目次バルザックとは?バルザックの家 MAISON DE BALZACお家の見学図書館カフェもありますバルザックの家へのアクセス バルザックとは? オノレ・ド・バルザック(Honoré de Balzac)(1799〜1850)フランスの小説家。 特に有名なのは90篇の長編・短編からなる写実的小説群「人間喜劇」。約200 ...

美術館/展示

2020/1/16

モネの睡蓮(マルモッタンモネ美術館)まとめ!ルノワール作品もあります

モネの睡蓮といえば、オランジュリー美術館が有名ですが、マルモッタンモネ美術館にも沢山の作品があります。さらに、あまり混んでいないので、ゆっくり鑑賞できるのがポイント!どのような作品があるのか、外せない作品はどれなのか、ご紹介致します。   目次マルモッタンモネ美術館とは?モネの睡蓮印象派の名前の由来になったモネの作品「印象 日の出」その他のモネの美しい作品 マルモッタンモネ美術館とは? 美術史家のマルモッタンさんのコレクションと寄贈された物を公開している美術館です。元々マルモッタンの邸宅だっただ ...

美術館/展示

2020/1/15

マルモッタンモネ美術館とは?作品(モネの睡蓮)や特徴と行き方

モネの作品といえば、オランジュリー美術館内の360度に広がる睡蓮が有名ですが、モネの作品はマルモッタンモネ美術館にも沢山収蔵してあります。どのような作品があるのか、また美術館への行き方をご紹介致します。   目次マルモッタンモネ美術館とは?歴史と特徴オーディオガイド荷物預けマルモッタン美術館、階ごとの内容地上階1階(日本でいう2階)地下1階お土産屋さん・ブティックマルモッタンモネ美術館への行き方・アクセスマルモッタンモネ美術館の住所マルモッタンモネ美術館への行き方メトロで行く場合バスで行く場合 ...

歴史的建造物 バー アクティビティとエンターテイメント

2020/1/7

ヘミングウェイバー(リッツホテル・パリ)歴史ある伝説のバー

パリには、お洒落なバーがいくつもありますが、ヴァンドーム広場内のヘミングウェイバーは歴史があり、内装も美しく、大変人気のあるバーです。デートにも、接待にもおすすめです。   目次ヘミングウェイバーとは?ヘミングウェイが常連客伝説のバーテンダーヘミングウェイバーの開店時間ヘミングウェイバーの美しいこだわりの内装ヘミングウェイバーでのおすすめの飲み物一番最初に提供される物ヘミングウェイバー住所とアクセス ヘミングウェイバーとは? リッツホテル内、リッツバーの真向かいに位置しているヘミングウェイバー。 ...

ランキングに参加しています♪

皆様の温かい応援が日々の更新の励みになります。応援クリック、2つのアイコン共にどうぞよろしくお願い致します!



にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

-お菓子/チョコレート/食料品
-

Copyright© フランス・パリ旅行ブログ , 2020 All Rights Reserved.