パリ土産のメダルの歴史、購入場所。子供も喜びます!

投稿日:2018-08-28 更新日:

パリの観光地を回っていると、所々でお土産メダルを販売している機械を見かけることと思います。素敵なデザインでついつい集めたくなってしまいます。お子様ならとても喜ぶと思います。

お土産メダルとは?(MÉDAILLES SOUVENIRS)

観光地の絵柄をコインに描いた公式のお土産メダルです。Médaille Souvenirsと呼ばれており、Monnaie de Parisが製造しています。2ユーロ入れると一枚購入することができます。

 

Monnaie de Parisとは?

Monnaie de Parisはフランスでユーロ硬貨の生産を担当している国有企業、パリ造幣局です。創立は西暦864年だそうです。2007年まではフランス財務省の「通貨とメダル局(Direction des Monnaies et Médailles)」だったそうですが、現在は法人化しています。

 

お土産メダルの歴史

この記念お土産メダルが登場したのは1996年!その後どんどん人気が出て、20年以上経った今では400種類以上の観光地にてMonnaie de Parisにて製造されたメダルが販売されています。ユーロコインを製造している技術のままで作られてる立体的なコインはとても美しいです!

絵柄は毎年変わります!

同じ観光地でもデザインが毎年異なります。また、年号も併せて記載されているのでフランスを訪れた思い出にもなります。コレクションして楽しむこともできます。

 

メダルの購入場所、どこで手に入れられるの?

フランス中の観光地にて手に入れることができます。

パリ内でのメダル販売場所 一例

ほとんどのメダル販売機が観光地の中に設置されているため、入場した際の購入が必要です。

  • シャンゼリゼ通り
  • 凱旋門
  • エッフェル塔
  • ノートルダム大聖堂
  • サント・シャペル
  • コンシェルジュリー
  • パンテオン
  • サクレ・クール寺院
  • エリゼ宮
  • グラン・パレ
  • ヴィクター・ウゴの家
  • カタコンブ
  • グランド・モスク他

▶フランス販売所の掲載されたグーグルマップはこちらへ♪

 

入場しなくても購入できるメダル

ほとんどのメダル販売機が観光地の中に設置されているため、入場した際の購入が必要です。観光地の外側にあり、観光地に入らなくても簡単にメダルを手に入れることができるのは、シャンゼリゼ通りの凱旋門近くと、シテ島にあるポン=ヌフの下の遊覧船乗り場です!

シャンゼリゼ通り

凱旋門から200mもない至近距離のお土産屋さんの横にひっそりとお土産メダルの機械が置いてあります。ここではシャンゼリゼ通りのデザインが刻まれたコインを販売しています。昼間はネオンが光っていないので全然気が付きませんでした。

シテ島の遊覧船乗り場

ポンヌフ駅からポンヌフ(橋)を渡ってシテ島へ向かいます。橋のすぐ近くからセーヌ川の遊覧船乗り場近くへ降りることができます。乗船チケット販売口手前、キヨスクすぐそばにメダルマシンが置いてあり、すぐに購入が可能です!2ユーロがなくてもキヨスクで両替を快くしてもらえます。絵柄が2018年度はセーヌ川とエッフェル塔、ノートルダム大聖堂が描かれていて、かなりステキなデザインです!私もついつい写真を撮るだけでなく購入してしまいました。

こちらへの行き方はこちらのブログページを御覧ください。

シテ島の先端にあるセーヌ川に囲まれたロマンチックな公園「Square du Vert-Galant」

ノートルダム大聖堂のあるシテ島の先端に、とても可愛らしいひっそりとした公園があるのでご紹介致します。 目次ポンヌフから降りて行ける可愛らしい ...

続きを見る

ランキングに参加しています♪

いつもブログにお越し下さり、どうもありがとうございます。
皆様の温かい応援が日々の更新の励みになります。
応援クリック、2つのアイコン共にどうぞよろしくお願い致します♪
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ
↑↑それぞれ↓↓ にお願いします♪

-【必見】生活お役立ち情報, 子供向けお土産, アクティビティとエンターテイメント
-,

Copyright© フランス・パリ旅行ブログ , 2020 All Rights Reserved.