フランスで1月に良く見かけるお菓子ガレット・デ・ロワとは?

投稿日:2016-01-20 更新日:

ガレット・デ・ロワ Galette des rois

新年のお祝いに欠かせない伝統的なお菓子

フランスでは、パティスリーでもブーランジェリーでも、1月はこちらのパイ菓子を見かける機会が多くなります。ガレット・デ・ロワは新年のお祝いには欠かせない伝統的なお菓子です。最近は日本でもフランスのお菓子ブランドが発売し始め、徐々に普及しつつあります。見かけたという方もいらっしゃるかもしれません。

ガレット・デ・ロワ

 

galette des rois(ガレット・デ・ロワ)とは?

アーモンドクリームが中に入っているパイ生地のお菓子です。特徴的なのは、お菓子の中に1つだけ、陶製の小さな可愛らしい人形(フェーブ)がどこかに入っていることと、菓子とセットで紙の王冠がついていること。名称の「ロワ」とはフランス語で王を意味し、イエス・キリストの誕生後に駆けつける東方の三賢人(rois mages)から名称が由来しています。現在では、東方の三賢人がベツレヘムを来訪しキリストを神の子として見い出した公現祭の日(1月6日)に食べるのが伝統的な菓子となっています。

jardinfrancais

La Maison du chocolat

 

誰が王様になれるか?

ガレット・デ・ロワを切り分けて食べ、食べた中にフェーヴが入っていた人が「王様」になることができ、王冠をかぶり、皆から祝福を受けます。1月は家庭で作って家族でわけて食べたり、招待されて自宅に伺う際に手土産として持参したり、新年のパーティーで振る舞われたり、様々な機会でこのパイを食べることになります。フランスの各地域により、香りつけやパイの生地が異なる点も比較してみて楽しいポイントです。

Deedeeというサイトでフランス人が15種類のガレットを食べ比べたメモを残しているページがありました。面白いのでリンクを貼っておきます。

-年中行事, カフェ/ケーキ/スイーツ, 【必見】生活お役立ち情報

Copyright© フランス・パリ旅行ブログ , 2019 All Rights Reserved.