フランスのミルフィーユが日本でも!「フレデリック・カッセル」

投稿日:2016-10-06 更新日:

フレデリック・カッセル Frédéric Cassel

フレデリック・カッセルは、パリ郊外フォンテーヌブローに本店を構えるスイーツブティックです。 こだわりぬいた素材と彼の厳格な仕事により作られるスイーツとショコラは世界中の人々を魅了しています。日本にも既に2店舗展開しており、バレンタインデーのイベント中は各地のデパートに出店していることもあります。今年の4月30日にはSmastationの放送で紹介されて以来、更に人気が高まりスペシャリテのミルフイユについては並びが出ていることもあるようです。

フレデリック・カッセル ミルフィーユ

http://www.frederic-cassel.jp/

 

フレデリック・カッセルとは?

フレデリック・カッセルは1967年フランス生まれ。飴細工を学んでいた頃にピエール・エルメと出逢い、1988年からFAUCHON(フォション)にて修行。「最高の素材と厳格な仕事」についてをピエール・エルメから学びます。1994年、パリ郊外の森に囲まれる古都、フォンテーヌブローにて自身の店をオープン。 2002年にはショコラティエとサロン・ド・テも展開し始めました。
フレデリック・カッセル ミルフィーユ

http://www.frederic-cassel.jp/

 

ルレ・デセールの会長に

彼は1997年に30歳の若さで世界最高レベルの菓子職人が集まるルレ・デセールの会員となり、2003年には若干36歳にして会長に抜擢されました。ルレ・デセールは1981年に創設されたパティシエ界の世界大会優勝者や一定の地位のあるパティシエ、ショコラティエだけ会員になることのできる協会で、世界15ヵ国、約100名が加盟しています。菓子作りのための技術や製法について意見交換をし、製菓の伝統を守りつつ、未来の子供たちに繋げるという命題を抱え、次世代を担うパティシエの育成に尽力に努めている団体なのだそうです。2000年以降日本からも青木定治など加盟者が出ています。

 

ミルフィーユへのこだわり

フレデリック・カッセルのスペシャリテは「ミルフイユ・ヴァニーユ(Millefeuille Vanille)」。2010年のフランスパティスリー連合主催のコンテストで「ベスト・ミルフィーユ」にも選ばれています!パイ生地とクリームを重ねたフランス伝統菓子ミルフィーユ。彼の選びぬいた素材とレシピにて作られたものをぜひお試し下さい。幾層にも重ねられたサクサクのパイ生地と、こだわりの最高級タヒチバニラを使用した上品で濃厚なクリーム。芳香なバニラの香りとコクのあるなめらかなクリームがたっぷりと入っているのが特徴です。サクサクとするパイも、実はフランス産の風味豊かな小麦粉と、シャラント・ポワトゥー産AOCバター「レスキュール」を使って、3日間かけて丁寧に織り込み焼き上げているものなのだそうです。 表面にはキャラメリゼもほどこされており、ミルフィーユにほんのり香り豊かな苦味を演出、濃厚なクリームを引き立てます!!

フレデリック・カッセル ミルフィーユ

http://www.frederic-cassel.jp/

 

日本でもフレデリック・カッセルのケーキを購入することができます

彼のパティスリーは日本に2店舗。東京では銀座三越の地下2階、関西では京都のハイアット・リージェンシーに店舗が入っています。ミルフィーユは現在銀座店のみの扱いです。なかなか買いに行くことができない、とがっかりしないで下さい・・!喜びを分かち合う・交換することがモットーの「ルレ・デセール」会長だからこそ、自身のブティックで扱うスイーツのレシピを公開したでレシピ本を昨年日本でも販売しました。人気のミルフィーユをはじめ、モンブラン、パリ・ブレストなど伝統的なフランス菓子、タルトなどの30数点のレシピを公開しています!この一冊があれば、ご自宅で美味しいケーキを作って味わうこともできますね♪   フレデリック・カッセルの公式ホームページはこちら

フレデリック・カッセル ミルフィーユ

http://www.frederic-cassel.jp/   銀座のフレデリック・カッセル

 

2

http://www.frederic-cassel.jp/

 

おちゃめなフレデリック・カッセルの映像

 

イベントごとの限定商品も見逃せない!

フレデリック・カッセルでは季節ごとの旬な素材を使った新作商品が次々と登場します。また、イベントごとに可愛らしいこだわり商品も販売していますので、ぜひチェックなさってみてください。

フレデリック・カッセル ミルフィーユ

http://www.frederic-cassel.jp/

美術館/展示

2020/1/16

モネの睡蓮(マルモッタンモネ美術館)まとめ!ルノワール作品もあります

モネの睡蓮といえば、オランジュリー美術館が有名ですが、マルモッタンモネ美術館にも沢山の作品があります。さらに、あまり混んでいないので、ゆっくり鑑賞できるのがポイント!どのような作品があるのか、外せない作品はどれなのか、ご紹介致します。   目次マルモッタンモネ美術館とは?モネの睡蓮印象派の名前の由来になったモネの作品「印象 日の出」その他のモネの美しい作品 マルモッタンモネ美術館とは? 美術史家のマルモッタンさんのコレクションと寄贈された物を公開している美術館です。元々マルモッタンの邸宅だっただ ...

美術館/展示

2020/1/15

マルモッタンモネ美術館とは?作品(モネの睡蓮)や特徴と行き方

モネの作品といえば、オランジュリー美術館内の360度に広がる睡蓮が有名ですが、モネの作品はマルモッタンモネ美術館にも沢山収蔵してあります。どのような作品があるのか、また美術館への行き方をご紹介致します。   目次マルモッタンモネ美術館とは?歴史と特徴オーディオガイド荷物預けマルモッタン美術館、階ごとの内容地上階1階(日本でいう2階)地下1階お土産屋さん・ブティックマルモッタンモネ美術館への行き方・アクセスマルモッタンモネ美術館の住所マルモッタンモネ美術館への行き方メトロで行く場合バスで行く場合 ...

歴史的建造物 バー アクティビティとエンターテイメント

2020/1/7

ヘミングウェイバー(リッツホテル・パリ)歴史ある伝説のバー

パリには、お洒落なバーがいくつもありますが、ヴァンドーム広場内のヘミングウェイバーは歴史があり、内装も美しく、大変人気のあるバーです。デートにも、接待にもおすすめです。   目次ヘミングウェイバーとは?ヘミングウェイが常連客伝説のバーテンダーヘミングウェイバーの開店時間ヘミングウェイバーの美しいこだわりの内装ヘミングウェイバーでのおすすめの飲み物一番最初に提供される物ヘミングウェイバー住所とアクセス ヘミングウェイバーとは? リッツホテル内、リッツバーの真向かいに位置しているヘミングウェイバー。 ...

歴史的建造物 クリスマス

2020/1/6

ヴァンドーム広場とリッツホテルのクリスマスデコレーション(2019年)

美しくゴージャスな空間、数々の有名高級ジュエリーショップ店がひしめくヴァンドーム広場です。2019年のクリスマスの様子はこちらです。   ヴァンドーム広場 広場に入る前にあるルイヴィトン店舗は美しく黄金の陽光のようなデザインが建物全面に施されて通行客の注目を集めていました。 さて、ヴァンドーム広場です。美しいクリスマスツリーが輝いています。 リッツホテル前はこのような感じです。広場にクリスマスマーケットのスタンドが1つ見えます。 美しい広場を眺めながらのホットワインも素敵ですね。 リッツホテル内 ...

歴史的建造物 凱旋門/シャンゼリゼ通り周辺 アクティビティとエンターテイメント

2020/1/3

グランパレ内のアイススケートは夜ナイトクラブのように盛り上がります。2019年冬

パリのグランパレの展示場の部分は、毎年冬になるとアイススケート場に変身します! 一体どのような感じなのかご紹介致します。   目次グランパレ内のスケートの特徴スケート靴の貸出は料金に含まれています。軽食する場所もありますスケートのオープン時間と入場料金テロ対策として、持ち込めないものスケートの昼と夜の部との違いとは?好みに合わせて時間帯を選ぶのがおすすめです。グランパレへのアクセス グランパレ内のスケートの特徴 グランパレ内、スケート場になっているのは、国際的な展示会として使用される吹き抜け、ガ ...

ランキングに参加しています♪

皆様の温かい応援が日々の更新の励みになります。応援クリック、2つのアイコン共にどうぞよろしくお願い致します!



にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

-カフェ/ケーキ/スイーツ, 東京

Copyright© フランス・パリ旅行ブログ , 2020 All Rights Reserved.