凱旋門、パリの新年のカウントダウン2020年。シャンゼリゼ通り、どこから見るべき?

投稿日:2020-01-01 更新日:

あけましておめでとうございます。

いつも当ブログをご覧いただきどうもありがとうございます。

2020年もどうぞよろしくお願い致します!

 

2020年一番最初の記事ということで、パリの2020年の新年カウントダウンの様子を記載しておきます。

 

凱旋門とシャンゼリゼ通りの新年カウントダウン

毎年恒例のシャンゼリゼ通りと凱旋門のカウントダウンについて記載します。

23:20頃から新年に向けての凱旋門への美しいプロジェクションマッピング&イルミネーション&音楽が始まります。最後の10秒でカウントダウンが始まり、新年ちょうどから5分間の花火が打ち上げられました。

凱旋門の周りとすぐ上に花火が上げられるため、距離が近く、とても華やかです!

パリ 2020年 カウントダウン 凱旋門

カウントダウン

今年のカウントダウンは10秒以下の数字が一同に並べられ、秒ごとに黄色く表示されるタイプでした。(秒ごとにそれぞれ個別でバン!と大きく出した方が遠くからは見やすい気もしますね)

パリ 2020年 カウントダウン 凱旋門

一番最初の花火はPARISという文字からスタートでお洒落です!(でも少々パリと見えづらい・・・)

パリ 2020年 カウントダウン 凱旋門

その後は凱旋門の上の部分にPARISと出たり、2020と出たり、花火と共にとても綺麗です!

パリ 2020年 カウントダウン 凱旋門

凱旋門前、シャンゼリゼ通りはカウントダウンの花火を見るために、ものすごい人だかりです!

パリ 2020年 カウントダウン 凱旋門

 

カウントダウン+プロジェクションマッピングの様子まとめ

こちらはカウントダウンと、その前のプロジェクションマッピングのまとめ映像です。凱旋門上に映される美しい映像、そして音楽を楽しむことができます。

シャンゼリゼ通り 凱旋門 花火 カウントダウン シャンゼリゼ通り 凱旋門 花火 カウントダウン

 

カウントダウンと花火の部分の5分弱ノーカット

カウントダウンの後に始まる5分間程度の花火の様子です。凱旋門のまわりを華やかにする沢山の花火、素敵です。

 

シャンゼリゼ通りから見た花火の様子

こちらはシャンゼリゼ通りの中間あたりからカウントダウンに参加した方の撮影した映像です。この場所からは凱旋門も見えています。まわりの街路樹のデコレーションの赤色がなかなか派手です。

沢山の人がシャンゼリゼ通りに集まってカウントダウンを行っている様子がわかります。

観光客、そしてパリ在住の人々が集まり、とても賑わっています!!皆との一体感が良いですね!

 

カウントダウンのおすすめの場所は?

寒い中、元気があればシャンゼリゼ通りの前の方から凱旋門を眺めるのが一番です。

しかし、長い間(2〜3時間程度)場所取りをしながら待つのが辛い場合、カウントダウンの間際に到着するとかなり後ろの方になってしまいます。離れていると、人々の頭で凱旋門がうまく見えず、更に、沢山の花火の煙が白く濁ってしまい、非常に見にくくなってしまいます。

ギリギリの場合は、人混みを避けてシャンゼリゼ通りではない、その他11本の通りから見るのもありです。プロジェクションマッピングは見えませんが、花火は間際から楽しむことができます。シャンゼリゼ通り以外はそこまで混み合っていません。花火が終了した後も人混みなくすぐに帰宅することができます。

シャンゼリゼ通り 凱旋門 花火 カウントダウン

 

皆様にとって2020年が笑顔溢れる素敵な1年となりますように!

それでは今年も是非当ブログに遊びにいらして下さい!!

美術館/展示

2020/1/23

ギメ東洋美術館(フランス・パリ)仏像や陶器、日本美術もあります。

ギメ東洋美術館というパリ一の東洋美術専門の美術館があります。どのようなところなのか、チェックしてみます! 目次ギメ東洋美術館とは?エミール・ギメとは?様々な仏像コレクションを見ることができます。美しい図書館ギメ東洋美術館への行き方・アクセス ギメ東洋美術館とは? ギメ東洋美術館(Musée national des arts asiatiques Guimet)は、リヨンの実業家、エミール・ギメ(1836-1918)によって1879年にリヨンに建てられた「ギメ宗教博物館」が元となっています。その後、188 ...

美術館/展示

2020/1/21

バルザック(人間喜劇などの小説家)の家。パリの景色が綺麗でピクニック可能

19世紀を代表するフランスの小説家オノレ・ド・バルザック(Honoré de Balzac)のパリにある家を訪れることができます。どのような雰囲気の美術館なのかご紹介します。   目次バルザックとは?バルザックの家 MAISON DE BALZACお家の見学図書館カフェもありますバルザックの家へのアクセス バルザックとは? オノレ・ド・バルザック(Honoré de Balzac)(1799〜1850)フランスの小説家。 特に有名なのは90篇の長編・短編からなる写実的小説群「人間喜劇」。約200 ...

美術館/展示

2020/1/16

モネの睡蓮(マルモッタンモネ美術館)まとめ!ルノワール作品もあります

モネの睡蓮といえば、オランジュリー美術館が有名ですが、マルモッタンモネ美術館にも沢山の作品があります。さらに、あまり混んでいないので、ゆっくり鑑賞できるのがポイント!どのような作品があるのか、外せない作品はどれなのか、ご紹介致します。   目次マルモッタンモネ美術館とは?モネの睡蓮印象派の名前の由来になったモネの作品「印象 日の出」その他のモネの美しい作品 マルモッタンモネ美術館とは? 美術史家のマルモッタンさんのコレクションと寄贈された物を公開している美術館です。元々マルモッタンの邸宅だっただ ...

美術館/展示

2020/1/15

マルモッタンモネ美術館とは?作品(モネの睡蓮)や特徴と行き方

モネの作品といえば、オランジュリー美術館内の360度に広がる睡蓮が有名ですが、モネの作品はマルモッタンモネ美術館にも沢山収蔵してあります。どのような作品があるのか、また美術館への行き方をご紹介致します。   目次マルモッタンモネ美術館とは?歴史と特徴オーディオガイド荷物預けマルモッタン美術館、階ごとの内容地上階1階(日本でいう2階)地下1階お土産屋さん・ブティックマルモッタンモネ美術館への行き方・アクセスマルモッタンモネ美術館の住所マルモッタンモネ美術館への行き方メトロで行く場合バスで行く場合 ...

歴史的建造物 バー アクティビティとエンターテイメント

2020/1/7

ヘミングウェイバー(リッツホテル・パリ)歴史ある伝説のバー

パリには、お洒落なバーがいくつもありますが、ヴァンドーム広場内のヘミングウェイバーは歴史があり、内装も美しく、大変人気のあるバーです。デートにも、接待にもおすすめです。   目次ヘミングウェイバーとは?ヘミングウェイが常連客伝説のバーテンダーヘミングウェイバーの開店時間ヘミングウェイバーの美しいこだわりの内装ヘミングウェイバーでのおすすめの飲み物一番最初に提供される物ヘミングウェイバー住所とアクセス ヘミングウェイバーとは? リッツホテル内、リッツバーの真向かいに位置しているヘミングウェイバー。 ...

ランキングに参加しています♪

皆様の温かい応援が日々の更新の励みになります。応援クリック、2つのアイコン共にどうぞよろしくお願い致します!



にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

-歴史的建造物, 期間限定的な出来事, 凱旋門/シャンゼリゼ通り周辺
-

Copyright© フランス・パリ旅行ブログ , 2020 All Rights Reserved.