パリのデモ状況と治安:激化した3月16日(黄色のベスト運動)

投稿日:2019-03-18 更新日:

ここのところ、少し落ち着いていた黄色のベスト運動(ジレジョーヌ運動)がまた3月16日に激化してしまいました。

黄色のベスト運動とは、マクロン政権に抗議を行ってデモを行っている人々が黄色いベストを着用していることから名付けられたもので、去年の11月から毎週土曜日に続けられています。

それでは3月16日の状況や、パリの観光などの治安面ではどうなのか見てみましょう・・・

 

フランスの3月16日のデモの状況

最近は、既にデモ活動も4ヶ月目に入り、参加していた人数も減ってきていました。シャンゼリゼ通りの片道だけで行うなど、デモが落ち着いてきていたかのようでした。

しかしこの3月16日は違いました。参加者がいつものように警察に石を投げつけ、警察は催涙ガスや放水で応戦していましたが、デモが過激化し、ついには銀行や高級ブティックでの放火、破壊、そして略奪が再び行われてしまいました

 

デモ参加人数

パリでは先週に比べ、3000人程増えた約1万人がデモを繰り広げました。

全国で見ても、今週は3万2300人がデモに参加し、前週の2万8600人を上回っています。

今回、パリで略奪や破壊行為などで拘束された人の数は約240人にも登りました。

デモを行う側と警察・消防側共に負傷者が出ていました。

 




 

この時マクロン大統領は休暇でした・・が切り上げてパリに戻り危機対策会議に出席したそうです。

パリではマクロンがパリに居ない時に大きな事件起きるよね〜といった感じでこのような皮肉の画像も出回るくらい。

誰がこのコラボを作ったのかわかりませんが、シュールですね。

 

襲撃を受けたシャンゼリゼ通りの高級店

シャンゼリゼ通りではLevi's、Longchamp、サッカーチームParis-Saint-Germainの店舗、 Apple、Nespresso、Hugo Boss、そして老舗レストランFouquet's、銀行などなど沢山のお店が破壊行動の被害に合いました。

窓を割られたり、カバーしている木のボードを燃やされたり、商品を盗まれたりしました。

パリ中では90数店舗が被害にあったそうで、被害状況が重く月曜日にも営業をできそうにないお店が半分に登るとのこと・・・・

 

こちらはシャンゼリゼ通りに位置する人気老舗レストランFouquet'sの3月16日の様子です。

下記映像は場所を移動しながら映しています。早送りで進みながら様々な個所の様子を見ることができます。

 




 

パリの治安面は?

基本的にシャンゼリゼ付近やデモが行われている個所から離れると、お店は通常通り開店していますし、普通のいつものパリという感じです。

デモは土曜日、そして日曜にも少し行われているので、平日は基本的には観光に問題ありません

デモのある土曜日は、デモ予定個所、シャンゼリゼ大通りは時間によってはメトロやバスが通行しなくなってしまいますので、ホテルの場所選びを注意しないと、電車が通過してしまうといったことが起きる可能性があります。

デモ中でも参加しない限り基本的には問題ありませんが、火事や乱闘に巻き込まれる危険がありますので、デモ開催場所の近隣の場合は自宅で待機するか最低限の出歩きに留める必要があります。

観光で来ている場合はデモ予定地域を通らずに他の個所に出かけるなどをおすすめします。

住宅街でもこのようなことが起きていました。本当に、放火など破壊行動に出てしまうのは残念です。

地上階が燃やされて警察、消防士が急ぎ活動する様子:友人撮影

 

昨日の17日は日曜日でしたが、オペラ座近くのスターバックスにて、黄色のベストを着たデモグループが占拠しており、警察が通行止めなどを行っていました。土曜だけでなく、週末全体に掛けての動きがありました。

まだまだ、終わりが見えなさそうな黄色のベスト運動です。

どうか観光でパリに訪れていらっしゃる方が巻き込まれずに楽しくパリを満喫できますように。







ブログランキングに参加しています♪ 
皆様の温かい応援が日々の更新の励みになります。
お手数ですが、応援クリックをお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

それぞれ↑ にポチっ、ポチっと押して頂けますととても嬉しいです!!

[clink url="https://hermes.sbbt.co.jp/paris-sightseeing"]
[clink url="https://hermes.sbbt.co.jp/paris1/event/year-event/year"]

美術館/展示

2020/1/23

ギメ東洋美術館(フランス・パリ)仏像や陶器、日本美術もあります。

ギメ東洋美術館というパリ一の東洋美術専門の美術館があります。どのようなところなのか、チェックしてみます! 目次ギメ東洋美術館とは?エミール・ギメとは?様々な仏像コレクションを見ることができます。中国コレクションは4000年の多岐に渡ります。日本コレクション美しい図書館ギメ東洋美術館への行き方・アクセス ギメ東洋美術館とは? ギメ東洋美術館(Musée national des arts asiatiques Guimet)は、リヨンの実業家、エミール・ギメ(1836-1918)によって1879年にリヨンに ...

美術館/展示

2020/1/21

バルザック(人間喜劇などの小説家)の家。パリの景色が綺麗でピクニック可能

19世紀を代表するフランスの小説家オノレ・ド・バルザック(Honoré de Balzac)のパリにある家を訪れることができます。どのような雰囲気の美術館なのかご紹介します。   目次バルザックとは?バルザックの家 MAISON DE BALZACお家の見学図書館カフェもありますバルザックの家へのアクセス バルザックとは? オノレ・ド・バルザック(Honoré de Balzac)(1799〜1850)フランスの小説家。 特に有名なのは90篇の長編・短編からなる写実的小説群「人間喜劇」。約200 ...

美術館/展示

2020/1/16

モネの睡蓮(マルモッタンモネ美術館)まとめ!ルノワール作品もあります

モネの睡蓮といえば、オランジュリー美術館が有名ですが、マルモッタンモネ美術館にも沢山の作品があります。さらに、あまり混んでいないので、ゆっくり鑑賞できるのがポイント!どのような作品があるのか、外せない作品はどれなのか、ご紹介致します。   目次マルモッタンモネ美術館とは?モネの睡蓮印象派の名前の由来になったモネの作品「印象 日の出」その他のモネの美しい作品 マルモッタンモネ美術館とは? 美術史家のマルモッタンさんのコレクションと寄贈された物を公開している美術館です。元々マルモッタンの邸宅だっただ ...

美術館/展示

2020/1/15

マルモッタンモネ美術館とは?作品(モネの睡蓮)や特徴と行き方

モネの作品といえば、オランジュリー美術館内の360度に広がる睡蓮が有名ですが、モネの作品はマルモッタンモネ美術館にも沢山収蔵してあります。どのような作品があるのか、また美術館への行き方をご紹介致します。   目次マルモッタンモネ美術館とは?歴史と特徴オーディオガイド荷物預けマルモッタン美術館、階ごとの内容地上階1階(日本でいう2階)地下1階お土産屋さん・ブティックマルモッタンモネ美術館への行き方・アクセスマルモッタンモネ美術館の住所マルモッタンモネ美術館への行き方メトロで行く場合バスで行く場合 ...

歴史的建造物 バー アクティビティとエンターテイメント

2020/1/7

ヘミングウェイバー(リッツホテル・パリ)歴史ある伝説のバー

パリには、お洒落なバーがいくつもありますが、ヴァンドーム広場内のヘミングウェイバーは歴史があり、内装も美しく、大変人気のあるバーです。デートにも、接待にもおすすめです。   目次ヘミングウェイバーとは?ヘミングウェイが常連客伝説のバーテンダーヘミングウェイバーの開店時間ヘミングウェイバーの美しいこだわりの内装ヘミングウェイバーでのおすすめの飲み物一番最初に提供される物ヘミングウェイバー住所とアクセス ヘミングウェイバーとは? リッツホテル内、リッツバーの真向かいに位置しているヘミングウェイバー。 ...

ランキングに参加しています♪

皆様の温かい応援が日々の更新の励みになります。応援クリック、2つのアイコン共にどうぞよろしくお願い致します!



にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

-期間限定的な出来事
-

Copyright© フランス・パリ旅行ブログ , 2020 All Rights Reserved.