パリ隠れ撮影スポット!通りの真ん中に美しくサクレクール寺院が見えるとっておきスポット

投稿日:2017-04-26 更新日:

サクレクール寺院を美しく撮影する撮影スポット

モンマルトルは賑やかなレストランやバー、お洒落なブティックにアンティークショップなど、お洒落でハイセンスな場所が沢山!芸術家達が昔住んでおり、様々な箇所を描いていることでも有名です。観光客の多い賑やかな寺院周りから少しだけ離れると、静かで閑静な高級住宅街が並んでいます。ぶどう畑もあり、休日のお散歩にぴったりの場所です。サクレクール寺院を美しく撮影できるスポットも沢山です!

お決まりスポット:メトロAnvers駅を出てすぐ。

こちらはサクレクール寺院の最寄り駅ですので、とても美しい景色を撮影することができます。

 

公園の下から

階段と共に

 

サクレクール寺院を望む小道

モンマルトルの丘の上、レストランやカフェに挟まれた石畳の小道の先にサクレクール寺院が見えます。パリらしい風景で絵になるスポットです。

モンマルトル レストラン La Bonne Franquette

Twitter Paris je t’aime

レストラン La Bonne Franquette

写真のレストランは色彩がカラフルで賑やかなLa Bonne Franquette。400年以上も前からモンマルトルの中心に建っている古い建物です。ここにはピサロ、シスレー、セザンヌ、ロートレック、ルノワール、モネ、エミール・ゾラ、ゴッホなど画家達が集ったと言われ、素敵なモンマルトルを楽しみに訪れる観光客でいつも賑わっています。レストラン内部は団体で訪れるのにもぴったりの広々としたお洒落なデザインになっています。Aimer(Love), manger(eat), boire(drink), chanter(sing)というのがレストランのモットーというところからも想像できるように、陽気な雰囲気のレストランです。

 レストラン La Bonne Franquette

2

 

レストラン La Bonne Franquette

 

レストラン La Bonne Franquette

 

レストラン La Bonne Franquette

 

レストラン La Bonne Franquette

La Bonne Franquette

18 Rue Saint-Rustique, 75018 Paris
ホームページ

 

9区、Quatre-Septembre(キャトル・セプトンブル)駅付近にあるラフィット通り

マドレーヌ寺院からオペラ座へ真っ直ぐに伸びているBoulevard des Capcines(カプシーヌ通り)をそのまま東に進むとBoulevard des Italiens(イタリアン通り)という名称の通りに変わります。その通りから北(左側)に伸びているRue Laffitte(ラフィット通り)という小路から、実に美しいサクレ・クール寺院を眺めることができるのです。オペラ座を背にして歩いてくると左側にLa Taverneという赤い屋根のコーナーに位置するカフェが出てきたらラフィット通りはすぐその先を左です。

ラフィット通りの始まりに立って北を向くと驚くほど美しい景色が待っています。

ちょうどポイントしてあるところから北をご覧になってみてください。一直線にサクレ・クール寺院が見えるように路が北に向かって開いているのです。途中建物に阻まれること無く、見事に綺麗に見えるのです。

写真だと奥の方に感じますが、実際に眺めると丘の上のサクレ・クール寺院が浮き立ってくるように見えて迫力があります!この通りを更に美しているのは、写真でも御覧いただけるように、サクレクール寺院の下にちょうどノートルダム・ド・ロレット教会が位置しているように見えることも一つの要因ではないでしょうか?

ノートルダム・ド・ロレット教会とは?

ラファイエット通りの突き当りはNotre dame de lorette(ノートルダム・ド・ロレット)と呼ばれる教会があります。入り口に石柱が4本並んでいる教会で、マドレーヌ寺院を小さくしたかのような外観です。地図でもお分かりの通り、モンマルトルの丘の手前に位置しています。内部はマリアを囲む天井や壁に宗教画が描かれ、広くはありませんが、イタリアの小さな教会を訪れているような気持ちにさせてくれる場所です。実はギャラリーラファイエットからも600mくらいしか離れていないのですが、観光客でがやがやとしていないので静かに散策できる教会です。やはり教会を正面から見ると、サクレ・クール寺院が一緒に眺められるというのはポイントです!

【★パリの観光地を地区別にまとめたページもご覧ください★】

皆様の温かい応援が日々の更新の励みになります。
応援クリック、それぞれにどうぞよろしくお願いします!!
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
[instagram-feed]

美術館/展示

2020/1/23

ギメ東洋美術館(フランス・パリ)仏像や陶器、日本美術もあります。

ギメ東洋美術館というパリ一の東洋美術専門の美術館があります。どのようなところなのか、チェックしてみます! 目次ギメ東洋美術館とは?エミール・ギメとは?様々な仏像コレクションを見ることができます。中国コレクションは4000年の多岐に渡ります。日本コレクション美しい図書館ギメ東洋美術館への行き方・アクセス ギメ東洋美術館とは? ギメ東洋美術館(Musée national des arts asiatiques Guimet)は、リヨンの実業家、エミール・ギメ(1836-1918)によって1879年にリヨンに ...

美術館/展示

2020/1/21

バルザック(人間喜劇などの小説家)の家。パリの景色が綺麗でピクニック可能

19世紀を代表するフランスの小説家オノレ・ド・バルザック(Honoré de Balzac)のパリにある家を訪れることができます。どのような雰囲気の美術館なのかご紹介します。   目次バルザックとは?バルザックの家 MAISON DE BALZACお家の見学図書館カフェもありますバルザックの家へのアクセス バルザックとは? オノレ・ド・バルザック(Honoré de Balzac)(1799〜1850)フランスの小説家。 特に有名なのは90篇の長編・短編からなる写実的小説群「人間喜劇」。約200 ...

美術館/展示

2020/1/16

モネの睡蓮(マルモッタンモネ美術館)まとめ!ルノワール作品もあります

モネの睡蓮といえば、オランジュリー美術館が有名ですが、マルモッタンモネ美術館にも沢山の作品があります。さらに、あまり混んでいないので、ゆっくり鑑賞できるのがポイント!どのような作品があるのか、外せない作品はどれなのか、ご紹介致します。   目次マルモッタンモネ美術館とは?モネの睡蓮印象派の名前の由来になったモネの作品「印象 日の出」その他のモネの美しい作品 マルモッタンモネ美術館とは? 美術史家のマルモッタンさんのコレクションと寄贈された物を公開している美術館です。元々マルモッタンの邸宅だっただ ...

美術館/展示

2020/1/15

マルモッタンモネ美術館とは?作品(モネの睡蓮)や特徴と行き方

モネの作品といえば、オランジュリー美術館内の360度に広がる睡蓮が有名ですが、モネの作品はマルモッタンモネ美術館にも沢山収蔵してあります。どのような作品があるのか、また美術館への行き方をご紹介致します。   目次マルモッタンモネ美術館とは?歴史と特徴オーディオガイド荷物預けマルモッタン美術館、階ごとの内容地上階1階(日本でいう2階)地下1階お土産屋さん・ブティックマルモッタンモネ美術館への行き方・アクセスマルモッタンモネ美術館の住所マルモッタンモネ美術館への行き方メトロで行く場合バスで行く場合 ...

歴史的建造物 バー アクティビティとエンターテイメント

2020/1/7

ヘミングウェイバー(リッツホテル・パリ)歴史ある伝説のバー

パリには、お洒落なバーがいくつもありますが、ヴァンドーム広場内のヘミングウェイバーは歴史があり、内装も美しく、大変人気のあるバーです。デートにも、接待にもおすすめです。   目次ヘミングウェイバーとは?ヘミングウェイが常連客伝説のバーテンダーヘミングウェイバーの開店時間ヘミングウェイバーの美しいこだわりの内装ヘミングウェイバーでのおすすめの飲み物一番最初に提供される物ヘミングウェイバー住所とアクセス ヘミングウェイバーとは? リッツホテル内、リッツバーの真向かいに位置しているヘミングウェイバー。 ...

ランキングに参加しています♪

皆様の温かい応援が日々の更新の励みになります。応援クリック、2つのアイコン共にどうぞよろしくお願い致します!



にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

-撮影スポット
-, ,

Copyright© フランス・パリ旅行ブログ , 2020 All Rights Reserved.