ヘミングウェイバー(リッツホテル・パリ)歴史ある伝説のバー

投稿日:2020-01-07 更新日:

パリには、お洒落なバーがいくつもありますが、ヴァンドーム広場内のヘミングウェイバーは歴史があり、内装も美しく、大変人気のあるバーです。デートにも、接待にもおすすめです。

 

ヘミングウェイバーとは?

リッツホテル内、リッツバーの真向かいに位置しているヘミングウェイバー。限られた25席という小さなバー内にコレクターズアイテムがずらりと所狭しと並び、とても雰囲気があります。

話ができるようにと店内に音楽がかかっていません。

パリ ヘミングウェイバー リッツホテル

出典:リッツホテルパリ 公式サイト www.ritzparis.com

 

ヘミングウェイが常連客

このバーの常連客であったアメリカ人作家、アーネスト・ヘミングウェイにちなんでその名前がつけられています。

パリ リッツ ヘミングウェイバー

ヘミングウェイのお気に入りの場所であったバー。確かに雰囲気があり、創作意欲が湧きそうなのもわかるような気がします。

ヘミングウェイはこのバーで、ドイツからのパリの開放を51杯のドライマティーニを飲み干して祝った、という伝説も残しています。

伝説のバーテンダー

また、世界最優秀賞を2回も受賞したことのあるバーテンダーColin Fieldさんが25年間勤務してきた中で遭遇した様々な出来事も欠かせません。著名ゲストとの思い出話など、カウンターで彼とお話してみる楽しみもあるようです・・!

パリ ヘミングウェイバー リッツホテル

出典:リッツホテルパリ 公式サイト www.ritzparis.com

 

ヘミングウェイバーの開店時間

可愛らしい小さなサイズのバーはすぐに満席になってしまいます。出来れば開店する時間前に少しだけでも良いので並んで待つのがおすすめです。

18時オープン、深夜2時まで開店しています。開店前には既に列が出来上がっています。

 

ヘミングウェイバーの美しいこだわりの内装

様々な白黒写真、メダル、ステッカー、勲章、書籍、古いタイプライター、ボクサーグローブ、船?か飛行機のプロペラ、蓄音機、鹿の角、昆虫の標本、チェスターフィールドソファなどの様々なコレクターズアイテムがバー内を飾ります。まるで映画の中の一コマのよう!!!

パリ ヘミングウェイバー リッツホテル

出典:リッツホテルパリ 公式サイト www.ritzparis.com

 

バーに入るとすぐ目の前にテーブル席、そしてバーカウンターがあります。

目の前でカクテルが作られるのを見ることができるカウンター席。伝説のバーテンダーがいるかも?!

パリ リッツ ヘミングウェイバー

下記写真では、入り口が右側です。

パリ リッツ ヘミングウェイバー

入り口を入って左側奥(写真を撮影している場所)に進むと、階段を数段上がるちょっとした空間があり、テーブルが4つあります。

パリ ヘミングウェイバー リッツホテル

出典:リッツホテルパリ 公式サイト www.ritzparis.com

 

ソファー席があり、4人以上のグループで入るのにおすすめです。

パリ リッツ ヘミングウェイバー

ちらっと柱の奥にカウンター席が見えます。

パリ リッツ ヘミングウェイバー

 

 

ヘミングウェイバーでのおすすめの飲み物

英字新聞仕立てになっていてお洒落なメニュー。飲み物の値段と共に説明を添えています。10ユーロにてお土産として販売もしています。

ヘミングウェイも愛したドライマルティーニを使用したカクテルは30ユーロから提供されています。

パリ リッツ ヘミングウェイバー

ヘミングウェイバーの伝説のバーテンダーのシグニチャーカクテルは「Le Serendipity」です。

 

クリアダーティーマルティーニ(30ユーロ)

パリ リッツ ヘミングウェイバー

女性のお客様用にはアルコールの飲み物がバラの花一輪と共に提供されます。

パリ リッツ ヘミングウェイバー

ラズベリーとマルティーニもなかなか色合いが可愛らしくて素敵です。

パリ リッツ ヘミングウェイバー

 

一番最初に提供される物

ヘミングウェイバーでは一番最初にローストアーモンドと種抜きオリーブ、ポテトチップスがアルコールのお供に提供され、随時補充されます。お水にはキュウリが入っていて味も爽やかです。

夕食の前後に立ち寄ることと思います。それでもお腹が空いている場合は、ちょっとしたおつまみの、小さな手のひらサイズのプチバーガー4つセットも販売しています。

 

ヘミングウェイバー住所とアクセス

15 Place Vendôme, 75001 Paris

メトロ1番線のチュイルリー駅かコンコルド駅からヴァンドーム広場まで徒歩数分です。リッツホテルに入り、ヘミングウェイバーはずっと奥に位置しています。

美術館/展示

2020/1/23

ギメ東洋美術館(フランス・パリ)仏像や陶器、日本美術もあります。

ギメ東洋美術館というパリ一の東洋美術専門の美術館があります。どのようなところなのか、チェックしてみます! 目次ギメ東洋美術館とは?エミール・ギメとは?様々な仏像コレクションを見ることができます。美しい図書館ギメ東洋美術館への行き方・アクセス ギメ東洋美術館とは? ギメ東洋美術館(Musée national des arts asiatiques Guimet)は、リヨンの実業家、エミール・ギメ(1836-1918)によって1879年にリヨンに建てられた「ギメ宗教博物館」が元となっています。その後、188 ...

美術館/展示

2020/1/21

バルザック(人間喜劇などの小説家)の家。パリの景色が綺麗でピクニック可能

19世紀を代表するフランスの小説家オノレ・ド・バルザック(Honoré de Balzac)のパリにある家を訪れることができます。どのような雰囲気の美術館なのかご紹介します。   目次バルザックとは?バルザックの家 MAISON DE BALZACお家の見学図書館カフェもありますバルザックの家へのアクセス バルザックとは? オノレ・ド・バルザック(Honoré de Balzac)(1799〜1850)フランスの小説家。 特に有名なのは90篇の長編・短編からなる写実的小説群「人間喜劇」。約200 ...

美術館/展示

2020/1/16

モネの睡蓮(マルモッタンモネ美術館)まとめ!ルノワール作品もあります

モネの睡蓮といえば、オランジュリー美術館が有名ですが、マルモッタンモネ美術館にも沢山の作品があります。さらに、あまり混んでいないので、ゆっくり鑑賞できるのがポイント!どのような作品があるのか、外せない作品はどれなのか、ご紹介致します。   目次マルモッタンモネ美術館とは?モネの睡蓮印象派の名前の由来になったモネの作品「印象 日の出」その他のモネの美しい作品 マルモッタンモネ美術館とは? 美術史家のマルモッタンさんのコレクションと寄贈された物を公開している美術館です。元々マルモッタンの邸宅だっただ ...

美術館/展示

2020/1/15

マルモッタンモネ美術館とは?作品(モネの睡蓮)や特徴と行き方

モネの作品といえば、オランジュリー美術館内の360度に広がる睡蓮が有名ですが、モネの作品はマルモッタンモネ美術館にも沢山収蔵してあります。どのような作品があるのか、また美術館への行き方をご紹介致します。   目次マルモッタンモネ美術館とは?歴史と特徴オーディオガイド荷物預けマルモッタン美術館、階ごとの内容地上階1階(日本でいう2階)地下1階お土産屋さん・ブティックマルモッタンモネ美術館への行き方・アクセスマルモッタンモネ美術館の住所マルモッタンモネ美術館への行き方メトロで行く場合バスで行く場合 ...

歴史的建造物 バー アクティビティとエンターテイメント

2020/1/7

ヘミングウェイバー(リッツホテル・パリ)歴史ある伝説のバー

パリには、お洒落なバーがいくつもありますが、ヴァンドーム広場内のヘミングウェイバーは歴史があり、内装も美しく、大変人気のあるバーです。デートにも、接待にもおすすめです。   目次ヘミングウェイバーとは?ヘミングウェイが常連客伝説のバーテンダーヘミングウェイバーの開店時間ヘミングウェイバーの美しいこだわりの内装ヘミングウェイバーでのおすすめの飲み物一番最初に提供される物ヘミングウェイバー住所とアクセス ヘミングウェイバーとは? リッツホテル内、リッツバーの真向かいに位置しているヘミングウェイバー。 ...

ランキングに参加しています♪

皆様の温かい応援が日々の更新の励みになります。応援クリック、2つのアイコン共にどうぞよろしくお願い致します!



にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

-歴史的建造物, バー, アクティビティとエンターテイメント
-

Copyright© フランス・パリ旅行ブログ , 2020 All Rights Reserved.