ギメ東洋美術館(フランス・パリ)仏像や陶器、日本美術もあります。

投稿日:

ギメ東洋美術館というパリ一の東洋美術専門の美術館があります。どのようなところなのか、チェックしてみます!

ギメ東洋美術館とは?

ギメ東洋美術館(Musée national des arts asiatiques Guimet)は、リヨンの実業家、エミール・ギメ(1836-1918)によって1879年にリヨンに建てられた「ギメ宗教博物館」が元となっています。その後、1889年にパリにコレクションを移して正式にギメ東洋美術館が誕生しました。

ギメ東洋美術館 パリ

現在のギメ東洋美術館では、彼の収集品の他にも、フランスのコレクターの集めたアジア美術品、考古学調査隊が持ち帰ったコレクション。そして1945年に移されてきたルーヴル美術館東洋部の所蔵品もあります。(元々あったエジプト美術品はルーヴルに移管しています)

彫刻、絵画、美術品など、45,000点にも及ぶコレクションの数々、ヨーロッパ一の東洋美術館といってもよいほどの量を所蔵しています。

ギメ東洋美術館 パリ

自然光を取り込み、モダンな館内構造に改修されています。お洒落で、歩き回るのも楽しいです。

 

エミール・ギメとは?

エミール・ギメ(Émile Guimet)はリヨンの実業家でした。彼はエジプト、ギリシャをはじめとする異文化、そして東洋の宗教にとても興味を持ち、世界中を旅して美術品を収集してきました。1876年に日本、中国、インドも訪れています。

 

様々な仏像コレクションを見ることができます。

美術館内は観光客というよりも、アジア美術に興味のある方が集まっており、静かな時が流れています。

美術館に入ってすぐに目に入ってくるのはクメール文化(カンボジア、アンコールワット遺跡)の様々なコレクション!

ギメ東洋美術館 パリ

中国の仏像

ギメ東洋美術館 パリ

インド、タイ、カンボジア、ミャンマー、ベトナム、アフガニスタン、パキスタン、中国、チベット、韓国、そして日本と多岐にわたるアジア中のコレクションを一同に見ることができます。

仏像のお顔や衣装、雰囲気の違いがとても興味深いです。

ギメ東洋美術館 パリ

こちらはアフガニスタンの仏像。ガンダーラ美術品もこちらの美術館にいくつか展示されています。ギリシャ美術の西洋と東洋の融合を見ることができます。装飾品やお顔立ち、ポーズの滑らかな優雅さなど、仏像でも表現の仕方が異なって面白いですね。

ギメ東洋美術館 パリ

こちらは6~7世紀の新疆で出土した女性の仏像。笑顔が美しいです。

ギメ東洋美術館 パリ

 

中国コレクションは4000年の多岐に渡ります。

中国の先史時代、紀元前2300年の土器、青銅細工、木彫作品なども展示しています。

こちらは紀元前7~9世紀の中国南部で発掘されたブロンズの象。美しい模様が施されており、ちょこんとしたお目々も可愛いです・・・

ギメ東洋美術館 パリ

様々な地域の陶器のコレクションも充実しています。

ギメ東洋美術館 パリ

 

日本コレクション

日本のコーナーもしっかりと部屋があります。土偶、埴輪、仏像、陶器、漆細工、鎧、刀、掛け軸、浮世絵などの伝統工芸品が並んでいます。

※2020年1月現在リノベーション中です。

 

美しい図書館

吹き抜けになっており、2階建てになっている円形の図書室ホール。こちらは美術館の改修後、唯一元々の原型を保っている空間だそうです。メゾン・デ・ミュゼ・ドゥ・モンドによると、10万冊の書籍と800冊の画集、1,500種類の定期刊行物を収蔵しているそうで、研究者が自由に資料を閲覧できる場だったそうです。

ギメ東洋美術館 パリ ギメ東洋美術館 パリ

図書館のホールは吹き抜けの2フロア!現在は企画展をここで開催しています。

ギメ東洋美術館 パリ

 

ギメ東洋美術館への行き方・アクセス

6 Place d'Iéna 75116 Paris
メトロ9番線のIéna駅の目の前に美術館は位置しています。

エッフェル塔を目の前に望むトロカデロ広場からは徒歩6分程度です。

 

ブティックには様々なアジアグッズ、アジアに関する書籍も並びます。

ギメ東洋美術館 パリ

美術館の外側にはひっそりと石像が2体立っていました。

ギメ東洋美術館 パリ

歴史的建造物

2020/2/13

バスティーユ広場観光と歴史、オブジェは何?治安は?

バスティーユ広場のまわりはとても賑わっており、沢山の人で賑わっています。フランス革命のきっかけともなったバスティーユ襲撃は世界史でも習ったことでしょうし、漫画「ベルサイユのばら」ではオスカルが戦う名シーンとして涙した方も沢山いらっしゃることでしょう。 現在広場はリノベーションを行っており、今年春から歩行者用の広場スペースが出来あがります!バスティーユ広場の歴史と共にご紹介致します。   目次バスティーユ広場とは?バスティーユ広場の歴史バスティーユ広場のオブジェは何?バスティーユ広場のまわりの治安 ...

パリの公園

2020/2/2

モンソー公園/パークモンソー(パリ)ジョギング&子供連れにおすすめの公園!

ジョギングにおすすめの、凱旋門からもすぐの穏やかな公園についてご紹介致します! 目次モンソー公園とは?(Parc Monceau)ジョギングにおすすめ!子供連れにおすすめ!モンソー公園へのアクセス モンソー公園とは?(Parc Monceau) 8区、凱旋門のあるPlace d'Etoilesから出ている12本の通りのうちの一本、Avenue Hocheをまっすぐ進むと、突き当りに公園が広がっています。公園の100mほど手前には日本大使館があります! とても静かで落ち着いた公園。家族や友人連れ、犬の散歩、 ...

美術館/展示

2020/1/23

ギメ東洋美術館(フランス・パリ)仏像や陶器、日本美術もあります。

ギメ東洋美術館というパリ一の東洋美術専門の美術館があります。どのようなところなのか、チェックしてみます! 目次ギメ東洋美術館とは?エミール・ギメとは?様々な仏像コレクションを見ることができます。中国コレクションは4000年の多岐に渡ります。日本コレクション美しい図書館ギメ東洋美術館への行き方・アクセス ギメ東洋美術館とは? ギメ東洋美術館(Musée national des arts asiatiques Guimet)は、リヨンの実業家、エミール・ギメ(1836-1918)によって1879年にリヨンに ...

美術館/展示

2020/1/21

バルザック(人間喜劇などの小説家)の家。パリの景色が綺麗でピクニック可能

19世紀を代表するフランスの小説家オノレ・ド・バルザック(Honoré de Balzac)のパリにある家を訪れることができます。どのような雰囲気の美術館なのかご紹介します。   目次バルザックとは?バルザックの家 MAISON DE BALZACお家の見学図書館カフェもありますバルザックの家へのアクセス バルザックとは? オノレ・ド・バルザック(Honoré de Balzac)(1799〜1850)フランスの小説家。 特に有名なのは90篇の長編・短編からなる写実的小説群「人間喜劇」。約200 ...

美術館/展示

2020/1/16

モネの睡蓮(マルモッタンモネ美術館)まとめ!ルノワール作品もあります

モネの睡蓮といえば、オランジュリー美術館が有名ですが、マルモッタンモネ美術館にも沢山の作品があります。さらに、あまり混んでいないので、ゆっくり鑑賞できるのがポイント!どのような作品があるのか、外せない作品はどれなのか、ご紹介致します。   目次マルモッタンモネ美術館とは?モネの睡蓮印象派の名前の由来になったモネの作品「印象 日の出」その他のモネの美しい作品 マルモッタンモネ美術館とは? 美術史家のマルモッタンさんのコレクションと寄贈された物を公開している美術館です。元々マルモッタンの邸宅だっただ ...

ランキングに参加しています♪

皆様の温かい応援が日々の更新の励みになります。応援クリック、2つのアイコン共にどうぞよろしくお願い致します!



にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

-美術館/展示
-

Copyright© フランス・パリ旅行ブログ , 2020 All Rights Reserved.