古いものと新しいものの融合する街パリ

投稿日:2018-09-19 更新日:

パリにいると、なんだか昔懐かしい昭和の香りがするアイテムをちょこちょこ見かけます。

大都会のパリは建物もそうですが、昔のままの物を保存し、美しいパリのまま次世代に繋げていこうとしています。

 

まるで街全体が博物館です。

街を歩いているだけでも歴史の説明が記された看板や、以前芸術家が住んでいたといったパネルが建物に貼ってあったりするのを見かけます。街を歩いているだけで色々な発見をすることができます。

このような看板を見かけたらパリの歴史の説明がしてありますので眺めて見てください。

wikipedia

公園の名前にも説明書き。その施設の歴史について記載されています。フランス語なのでグーグル翻訳の写真翻訳機能を使うと便利です!

 

私がパリで個人的にツボなレトロ感。

古いものも使用できるなら大事にずっと使うというフランスの精神が感じらる品々。

1秒ごとにパタパタめくられるデジタル時計一歩手前の時計

正確な時間を示しているのかも不明ですが、パタパタと秒がめくられる時計がホームにありました。東京の電車と違ってパリでは誰も秒まで気にして無さそうですが、このような時計も駅にまだあります。

 

発着を表すモニター

メトロターミナル3駅を出たところにある液晶テレビ。ん!?液晶テレビ??もう平成30年です。こんなにレトロなテレビの集合体を見かけることはまずないと思います。しかも左の方を見ると、テレビが枠の後ろからはみ出ています。分厚い昔のテレビです。うまく繋がらなくてザザザザとなってしまうこともありましたよね。そんな時にはよくテレビの角をコンコンと叩いたものです。

 

メトロの天井

昔の学校の教室のような蛍光灯とそのカバー。このうすぐらさと雰囲気がレトロです。こんな大都会を走るメトロで未だにこの味を出しているところがたまりませんね。最新のメトロもありますが、こちらは7番線です。

 

修正ペン

ならぬ、修正インク。日本でも昔使っていましたよね?ペンキのようにペタペタ塗るタイプの修正液です。スーパーでこちらの商品が棚に並んでいる光景、なんだか懐かしい気持ちになりました。便利な修正テープやペンがある中でこちらの商品の需要がまだあることがすごいです。

 

掲示板が剥がされたままのこの雰囲気。

【★パリの観光地を地区別にまとめたページもご覧ください★】

皆様の温かい応援が日々の更新の励みになります。
応援クリック、それぞれにどうぞよろしくお願いします!!
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

[instagram-feed]

美術館/展示

2020/1/23

ギメ東洋美術館(フランス・パリ)仏像や陶器、日本美術もあります。

ギメ東洋美術館というパリ一の東洋美術専門の美術館があります。どのようなところなのか、チェックしてみます! 目次ギメ東洋美術館とは?エミール・ギメとは?様々な仏像コレクションを見ることができます。中国コレクションは4000年の多岐に渡ります。日本コレクション美しい図書館ギメ東洋美術館への行き方・アクセス ギメ東洋美術館とは? ギメ東洋美術館(Musée national des arts asiatiques Guimet)は、リヨンの実業家、エミール・ギメ(1836-1918)によって1879年にリヨンに ...

美術館/展示

2020/1/21

バルザック(人間喜劇などの小説家)の家。パリの景色が綺麗でピクニック可能

19世紀を代表するフランスの小説家オノレ・ド・バルザック(Honoré de Balzac)のパリにある家を訪れることができます。どのような雰囲気の美術館なのかご紹介します。   目次バルザックとは?バルザックの家 MAISON DE BALZACお家の見学図書館カフェもありますバルザックの家へのアクセス バルザックとは? オノレ・ド・バルザック(Honoré de Balzac)(1799〜1850)フランスの小説家。 特に有名なのは90篇の長編・短編からなる写実的小説群「人間喜劇」。約200 ...

美術館/展示

2020/1/16

モネの睡蓮(マルモッタンモネ美術館)まとめ!ルノワール作品もあります

モネの睡蓮といえば、オランジュリー美術館が有名ですが、マルモッタンモネ美術館にも沢山の作品があります。さらに、あまり混んでいないので、ゆっくり鑑賞できるのがポイント!どのような作品があるのか、外せない作品はどれなのか、ご紹介致します。   目次マルモッタンモネ美術館とは?モネの睡蓮印象派の名前の由来になったモネの作品「印象 日の出」その他のモネの美しい作品 マルモッタンモネ美術館とは? 美術史家のマルモッタンさんのコレクションと寄贈された物を公開している美術館です。元々マルモッタンの邸宅だっただ ...

美術館/展示

2020/1/15

マルモッタンモネ美術館とは?作品(モネの睡蓮)や特徴と行き方

モネの作品といえば、オランジュリー美術館内の360度に広がる睡蓮が有名ですが、モネの作品はマルモッタンモネ美術館にも沢山収蔵してあります。どのような作品があるのか、また美術館への行き方をご紹介致します。   目次マルモッタンモネ美術館とは?歴史と特徴オーディオガイド荷物預けマルモッタン美術館、階ごとの内容地上階1階(日本でいう2階)地下1階お土産屋さん・ブティックマルモッタンモネ美術館への行き方・アクセスマルモッタンモネ美術館の住所マルモッタンモネ美術館への行き方メトロで行く場合バスで行く場合 ...

歴史的建造物 バー アクティビティとエンターテイメント

2020/1/7

ヘミングウェイバー(リッツホテル・パリ)歴史ある伝説のバー

パリには、お洒落なバーがいくつもありますが、ヴァンドーム広場内のヘミングウェイバーは歴史があり、内装も美しく、大変人気のあるバーです。デートにも、接待にもおすすめです。   目次ヘミングウェイバーとは?ヘミングウェイが常連客伝説のバーテンダーヘミングウェイバーの開店時間ヘミングウェイバーの美しいこだわりの内装ヘミングウェイバーでのおすすめの飲み物一番最初に提供される物ヘミングウェイバー住所とアクセス ヘミングウェイバーとは? リッツホテル内、リッツバーの真向かいに位置しているヘミングウェイバー。 ...

ランキングに参加しています♪

皆様の温かい応援が日々の更新の励みになります。応援クリック、2つのアイコン共にどうぞよろしくお願い致します!



にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

-日常小ネタ

Copyright© フランス・パリ旅行ブログ , 2020 All Rights Reserved.