マツコの知らない世界で紹介されたシルク・ヴォスト

投稿日:2019-02-04 更新日:

最近のサーカスは巨大なアトラクションというよりも、

モダンな芸術へと進化している!ということを番組上で

様々な角度から紹介していました。

フランス発のサーカスで気になったものがあったので

ピックアップしておきます。

 

CirkVOST シルク・ヴォスト

1993年にフランスで誕生した空中ブランコ集団「les Arts Sauts レザッソ」を前身として、

2007年に空中サーカス団、CirkVOST(シルク・ヴォスト)は誕生!

空中ブランコに特化したパフォーマンスを繰り広げる現代型サーカス。

公演が始まってからセットが随時組み立てられ、

毎回変わる舞台の景観を楽しむことができるのも特徴的です。

もともと5人のアーティストからスタートしたチームも

現在は世界各国から集まった空中サーカスのプロフェッショナル20人まで成長!

 

現在3つの公演が行われています。

Epicycle

直径13.5メートルにも及ぶ大きなセット内を、

パフォーマーが縦横無尽に飛び回ります!

BoO

Hurt me tender

 

とても美しく、洗練された空中アートパフォーマンス。

既に既に東京公演も行われました。

【▶パリの観光地を地区別にまとめたページもご覧ください★】
【▶パリの旬なイベントをまとめたページもご覧ください★】

ブログランキングに参加しています♪ 皆様の温かい応援が日々の更新の励みになります。
お手数ですが、応援クリックをお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
↑↑それぞれ↓↓ にポチっ、ポチっとお願いします!!

[instagram-feed]

ランキングに参加しています♪

いつもブログにお越し下さり、どうもありがとうございます。
皆様の温かい応援が日々の更新の励みになります。
応援クリック、2つのアイコン共にどうぞよろしくお願い致します♪
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ
↑↑それぞれ↓↓ にお願いします♪

-アクティビティとエンターテイメント

Copyright© フランス・パリ旅行ブログ , 2020 All Rights Reserved.