フランスの国民的漫画、Astérix(アステリックス)

投稿日:2018-08-13 更新日:

フランス人なら誰もが読んだことのあるアステリックス

アステリックス(Astérix)は、1959年にストーリー執筆のルネ・ゴシニと、イラスト担当のアルベール・ユデルゾによって生み出されたフランスの大人気コミックシリーズです。 フランスではコミックをバンド・デシネもしくはバンデシネ(Bande dessinée、略してBD)と読んでいます。アステリックスは、歴史をベースにしつつ、誰からも愛されるコミカルな可愛らしいキャラクターがダジャレや皮肉、暗喩を含む機知の富んだ会話を繰り広げるため、子供から大人まで誰もが楽しめる内容になっています。

物語の舞台は紀元前50年頃の古代ヨーロッパのガリア北西部の架空の小さな小さな村。当時ローマ軍とユリウス・カエサルによってガリアのほとんどの村々が征服されていった中で、独立を維持しローマの侵略から拠点を村を守っている人々の話です。全世界で100ヶ国以上の言語に翻訳されている大人気アニメで、フランスでは誰もが一度は読む人気漫画です。アニメにも、アニメ映画にも、実写映画にもなり、更にはアステリックスパークなる遊園地も存在する程です。現在37巻まで発売されています。フランス独特のお笑いセンスがあるため、なかなか他国の言語にて完全に再現することは難しいようですが、世界各国で翻訳され発売されています。是非一度試してみて下さい!

 

アステリックスの舞台となるガリアとは?

歴史を遡ると、紀元前3世紀中頃からローマ時代まで現在のパリの地域はGaul(日本での呼び方:ガリア)と呼ばれており、Gaulois(日本での呼び方ガリア人)パリシイ族という民族がパリのシテ島のあたりに住んでいたと言われています。フランス人にフランス人のルーツを尋ねると、このガリア人を自分たちのルーツとしている人が多いようです。文献には、紀元前52年、パリシイ族という名が記されており、 彼らの町はLutethia(ルテティア)と呼ばれていました。この頃ローマのユリウス・カエサルがガリア地域に攻め込んで来ていました。ガリアには古代ローマに対抗する諸部族がいたようですが、結局ローマの支配下になり同化が進みます。ガロ・ローマ時代と呼ばれる時代中に、ローマ文化の影響でルテティアにも公共風呂や競技場などが作られ、その遺跡をパリにて現在でも見ることができます。クリュニー美術館に併設しているローマ時代の浴場跡や、5区にある競技場跡アレーヌ・ド・リュテスです。1世紀頃にはこの競技場に17,000人もの人を収容していたそうです。このルテティアがローマ時代にも重要な都市として残り、歴史が進むごとに規模を拡大していき、現在のパリへと歴史が続いていくのです。

 

アステリックスの遊園地

パリ中心からは電車とバスを利用すると約2時間程度、車だと1時間弱の距離にあります。

 

【★パリの観光地を地区別にまとめたページもご覧ください★】

皆様の温かい応援が日々の更新の励みになります。
応援クリック、それぞれにどうぞよろしくお願いします!!
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
[instagram-feed]

美術館/展示

2020/1/23

ギメ東洋美術館(フランス・パリ)仏像や陶器、日本美術もあります。

ギメ東洋美術館というパリ一の東洋美術専門の美術館があります。どのようなところなのか、チェックしてみます! 目次ギメ東洋美術館とは?エミール・ギメとは?様々な仏像コレクションを見ることができます。中国コレクションは4000年の多岐に渡ります。日本コレクション美しい図書館ギメ東洋美術館への行き方・アクセス ギメ東洋美術館とは? ギメ東洋美術館(Musée national des arts asiatiques Guimet)は、リヨンの実業家、エミール・ギメ(1836-1918)によって1879年にリヨンに ...

美術館/展示

2020/1/21

バルザック(人間喜劇などの小説家)の家。パリの景色が綺麗でピクニック可能

19世紀を代表するフランスの小説家オノレ・ド・バルザック(Honoré de Balzac)のパリにある家を訪れることができます。どのような雰囲気の美術館なのかご紹介します。   目次バルザックとは?バルザックの家 MAISON DE BALZACお家の見学図書館カフェもありますバルザックの家へのアクセス バルザックとは? オノレ・ド・バルザック(Honoré de Balzac)(1799〜1850)フランスの小説家。 特に有名なのは90篇の長編・短編からなる写実的小説群「人間喜劇」。約200 ...

美術館/展示

2020/1/16

モネの睡蓮(マルモッタンモネ美術館)まとめ!ルノワール作品もあります

モネの睡蓮といえば、オランジュリー美術館が有名ですが、マルモッタンモネ美術館にも沢山の作品があります。さらに、あまり混んでいないので、ゆっくり鑑賞できるのがポイント!どのような作品があるのか、外せない作品はどれなのか、ご紹介致します。   目次マルモッタンモネ美術館とは?モネの睡蓮印象派の名前の由来になったモネの作品「印象 日の出」その他のモネの美しい作品 マルモッタンモネ美術館とは? 美術史家のマルモッタンさんのコレクションと寄贈された物を公開している美術館です。元々マルモッタンの邸宅だっただ ...

美術館/展示

2020/1/15

マルモッタンモネ美術館とは?作品(モネの睡蓮)や特徴と行き方

モネの作品といえば、オランジュリー美術館内の360度に広がる睡蓮が有名ですが、モネの作品はマルモッタンモネ美術館にも沢山収蔵してあります。どのような作品があるのか、また美術館への行き方をご紹介致します。   目次マルモッタンモネ美術館とは?歴史と特徴オーディオガイド荷物預けマルモッタン美術館、階ごとの内容地上階1階(日本でいう2階)地下1階お土産屋さん・ブティックマルモッタンモネ美術館への行き方・アクセスマルモッタンモネ美術館の住所マルモッタンモネ美術館への行き方メトロで行く場合バスで行く場合 ...

歴史的建造物 バー アクティビティとエンターテイメント

2020/1/7

ヘミングウェイバー(リッツホテル・パリ)歴史ある伝説のバー

パリには、お洒落なバーがいくつもありますが、ヴァンドーム広場内のヘミングウェイバーは歴史があり、内装も美しく、大変人気のあるバーです。デートにも、接待にもおすすめです。   目次ヘミングウェイバーとは?ヘミングウェイが常連客伝説のバーテンダーヘミングウェイバーの開店時間ヘミングウェイバーの美しいこだわりの内装ヘミングウェイバーでのおすすめの飲み物一番最初に提供される物ヘミングウェイバー住所とアクセス ヘミングウェイバーとは? リッツホテル内、リッツバーの真向かいに位置しているヘミングウェイバー。 ...

ランキングに参加しています♪

皆様の温かい応援が日々の更新の励みになります。応援クリック、2つのアイコン共にどうぞよろしくお願い致します!



にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

-【必見】生活お役立ち情報

Copyright© フランス・パリ旅行ブログ , 2020 All Rights Reserved.