一度は見てみたい、オペラ座の怪人を想像させる華麗な装飾のオペラ座。

更新日:

パリの美しいオペラ座

オペラ座の華麗な装飾

1861年ナポレオン3世の時代、シャルル・ガルニエが新しいオペラ座の建設設計コンペで当選します。途中戦争とパリ包囲で建設が中断されたこともありましたが、オペラ座は1875年に完成します。豪華で華麗な装飾、その大胆なスタイルが人々を魅了します。

オペラ座

 

劇場内の見学

劇場内は公演が無い時間帯に内部の見学をすることができます。オペラ座正面から向かって左手方向にくるっと後ろへ進んでください。すると観光客向けに開かれた入り口が次の交差点の所にあります。

 

円形ロビー

かつて観客を迎え入れた円形ロビーは今では見学者用の入り口になっています。階段を上がると、大階段と高さ約30mの豪華な吹き抜けになっている間につながります。

オペラ座

オペラ座

 

オペラ座の大階段

この空間の美しさに訪れた人々誰もが圧倒されます。実際は暗めで落ち着いた雰囲気になっていますが、オペラ座を紹介する写真(下)では輝くばかりの光溢れる形で撮影されていることもあります。

オペラ座

France.fr

オペラ座

 

豪華な装飾が見応えあるグラン・フォアイエ

鏡と窓により空間の広がりを更に感じさせる演出が施されています。天井画はポール・ボードリー(1826~1886)により音楽史の寓話が描かれています。竪琴をメインモチーフにしており、ドアや暖炉などで見る事が出来ます。

オペラ座

フォアイエから出ると、オペラ大通りを望むことができるバルコニーがあります。

オペラ座

 

オペラ座図書館・博物館

300年にもわたる上演演目の楽譜などが収められ、博物館のギャラリーには写真やデッサン、絵画や舞台の立体模型などが常時展示されています。

オペラ座

 

潜入!オペラ座の客席

華やかでゴージャス、エレガントなオペラ座の客席と舞台、そしてシャンデリアです。

長さ173m、幅125m、敷地面積は11,237㎡
舞台奥行き27m、幅48.5m、高さ60m
舞台面積1,200㎡、観客席数2013席

オペラ座

 

観客席のシャンデリア

観客席の天井には重さ8トンにもなる340もの電球がついたクリスタルとブロンズのシャンデリアがあります。マルク・シャガールによる天井画は1964年に除幕されました。

オペラ座

とても豪華な雰囲気溢れるオペラ座内。世界中の名ダンサー、アーティスト達による公演が毎日開かれています。

オペラ座







-パリの歴史的建造物・モニュメント, パリ観光 オペラ周辺
-

Copyright© フランス・パリ観光ブログ , 2019 All Rights Reserved.