18世紀後半のファッション

1793年〜1800年頃にパリで着用されていた服装のイメージ。

18世紀後半のフランスは、ブルボン朝の絶対君主制が続いていましたが、自由を求める啓蒙思想が国民の間に広まり、ついに1789年7月14日、バスティーユ襲撃を契機に革命が発生、その後ルイ16世は処刑され王政は廃止されました。

2

1

ファッションについては革命以降、ハイウエストでコルセットを用いた今までのロココスタイルのドレスではなく、胸下の切り返しから裾に向かって直線的にスカートが広がるエンパイアドレスが主流になったようです。素材は木綿や羊毛などの梳毛糸を平織りにした薄地のモスリンが人気でした。

時が進み、1820年頃になると、再度コルセットが用いられるようになり、洋服にも花、羽飾りがつけられ、以前のようにボリュームの感じられるドレスも流行します。このようなイラストを用いたファッションのハガキなども良くお土産物屋さんにて販売していたりしますので、ぜひご覧になってみてください。

関連記事

  1. 子供から大人までが夢中になるレゴで制作されたノートルダム大聖堂!…
  2. ローズサクラ色のバッグを眺めながら思い浮かぶ、フランスで人気の絵…
  3. 日本未上陸のパティスリー〜La Maison George La…
  4. シャンゼリゼ通りのピエール・エルメとロクシタンのコラボショップ
  5. フランス生まれ!メレンゲとチョコのケーキが美味しいお店♪
  6. サンジェルマンデプレ教会からすぐの本屋さん L’Ec…
  7. 美味しい日本茶を販売しているフランスのお茶専門店
  8. 行列のできるブーランジェリー〜Du Pain et des Id…

ヨーロッパ便り

HERMÈS Bag A to Z

HERMÈS Color A to Z


お洒落な旅行グッズ



PAGE TOP