フランス革命記念日 パレードの進行スケジュールまとめ

フランス革命記念日。

7月14日に設けられているフランス共和国の成立を祝う日。

1789年同日に発生しフランス革命の発端となったバスチーユ監獄襲撃および、この事件の一周年を記念して翌年1790年におこなわれた建国記念日が起原となった祝日です。フランスではLa fête nationale もしくは le 14 Juillet というとこの日のことを表します。英語圏ではBastille dayと呼んでいます。朝にはシャンゼリゼ大通りにて大規模なミリタリーパレードが実施され、夜23時からはエッフェル塔から打ち上げられるスペクタクルな花火を楽しむことが出来ます!!!

フランス革命 花火 エッフェル塔

 

革命記念日のミリタリーパレード

かなり豪華な見応え抜群の軍隊パレードが凱旋門からコンコルドまで、シャンゼリゼ通りにて実施されます!9時20分〜12時頃まで。是非一度はご覧になることをおすすめします!会場では柵のまわりに当日のスケジュールの記載されたチラシが置いてあるので、それを手に今どのあたりの行進なのかな?などと確認しながらご覧になると楽しいと思います。

 

バレードを見るためには何時に行けばいいの?

パレードはエトワール広場の凱旋門からシャンゼリゼ大通りを通り、コンコルドまで続きます。柵の一番前で観覧したい!という場合には朝早く8時頃から場所取りをすることをオススメしますが、開始時間頃に行ってもシャンゼリゼ通りは長いので、どこかしらの隙間からは障害はあるものの見ることができます。携帯を上に持ち上げて撮影すればなんとか撮影できるという感じです。飛行機の行進についてはシャンゼリゼ通りの上を飛んでいきますので、ルーヴル美術館のあたりにいても上を飛んでいるのが見えます。

フランス革命 シャンゼリゼ パレード

 

革命記念日のミリタリーパレード・スケジュールまとめ

9時20分 凱旋門付近での確認作業終了。皆配置につく。行事が行われる。

9時40分 政府関係者がコンコルド広場の会場に到着。

10時00分 大統領がシャンゼリゼ通りに到着、イベント進行。

146頭の騎兵隊と、28台のバイクに守られながら一番始めに大統領の乗った車がコンコルド広場に到着します。一番最初の様子がわかりやすい映像がありました。下記ご覧ください。

10時20分 オープニングセレモニースタート!

パレード開催の行事がコンコルド広場にて行われます。

10時35分 飛行機の空中行進!(2018年は64機)

シャンゼリゼ大通りの上を美しくフォーメーションを組んだエアフォース達が飛んでいきます。通常よりも低空を飛んできます。間近で飛行機の大群を見ることができ、迫力満点。興奮すること間違いなし!

フランス革命 シャンゼリゼ パレード

特に絶対に見逃したくないのが一番初めに飛んでくるエアフォース!「Big Nine」と呼ばれるフォーメーションを組んで、国旗の色を伴った煙を放ちながらビューンと飛んでいきます。2018年は64機による行進で、うち53機がフランス空軍(エアフォース)、6機がフランス海軍、2機が民間航空警備隊、3機がシンガポール、ドイツ、ベルギーからの海外の航空機。

綺麗に一番最初のビッグナインを撮影できている方の写真をピックアップ!ちなみに今年は1番左の煙のカラーが青のところ、赤に間違っていました。綺麗ですが、ちょっと惜しいですね。

フランス革命 シャンゼリゼ パレード

フランス革命 シャンゼリゼ パレード

フランス革命 シャンゼリゼ パレード フランス革命 シャンゼリゼ パレード

フランス革命 シャンゼリゼ パレード

フランス革命 シャンゼリゼ パレード

 

 

 

 

 

 

 

 

10時45分 軍の行進(2018年は4290名もしくは4315名)

まずは各種軍関係の学校機関による行進、その後フランス国家憲兵隊、フランス軍、フランス海軍、フランス空軍、ヘルスサービス部隊、サイバー対応部隊、警察、消防隊などなど。それぞれの制服デザインや持っている武器が異なり、とても興味深いです!
制服、隊列については詳細の記載されたフランス語の公式ページの45ページへ。

フランス革命 シャンゼリゼ パレード

11時25分 ヘリコプターの行進(2018年は全29機)

2018年は29機のヘリコプターが行進しました。うち18機は簡易ミリタリーヘリコプター、空軍から5機、海軍から2機、フランス国家憲兵隊から3機、民間航空警備隊から2機でした。

フランス革命 シャンゼリゼ パレード

 

11時30分 乗り物に乗った軍関係の行進(2018年は全220台)

バイクに乗った警察、フランス国家憲兵隊、フランス軍、空軍の戦用車、消防車などが続きます。2018年は220台、うち62台がバイクでした。
乗り物に興味のある方は公式ページ131ページから写真付きで載っています。

フランス革命 シャンゼリゼ パレード

フランス革命 シャンゼリゼ パレード

軍用車の待機列はエルメスのあるジョルジュサンク通りです。道路の真横に停まっていますので、横で一緒に記念撮影も出来ます。なかなか実物を目にする機会はありませんので、沢山の人がパシャパシャ撮影していました!

フランス革命 シャンゼリゼ パレード

 

11時40分 馬に跨った軍人の行進(2018年は237頭の馬)

馬に乗った騎兵隊の行進です。こちらの行進、フランクリン・D・ルーズベルト駅あたりからスタートのようで、その前のジョルジュサンク付近では見えませんでした!

 

11時45分 イベント終了のセレモニー

コンコルド広場に設置された会場にて、7月14日の革命記念日パレードの最後は音楽隊による演奏です。フランス軍の聖歌隊、共和国警備隊のドラムに加えて自衛隊兵36人が参加しました。また、歌手のジュリー・シェリエが賛美歌と国家を歌いました。

12時00分 大統領の出発

パリの軍事指揮官が大統領に挨拶。大統領がフランスのために戦争によって亡くなった兵士の家族と、負傷者に敬意を示します。軍楽隊がAux Champsを演奏し、大統領がコンコルド広場から出発します。

 

パレードはどこで見るのが良いのか?

全部のパレードを見たいという場合は、最後の馬の待機列がフランクリン・D・ルーズベルトもしくはシャンゼリゼクレマンス駅付近だと思われますので、その待機列をご確認の上、越えたあたりで待つことをおすすめします!馬、音楽隊がどのあたりを通るのか、警察官に聞いてみるのも良いでしょう。

 

イベント後の交通

イベント中はシャンゼリゼ通り沿いの駅はすべてクローズします。また、イベント終了後は多くの通りで通行止めをしており、シャンゼリゼ通りをまっすぐ下ってコンコルドまで行くことができません。途中でセーヌ川の方へ行くように指示されたため、川を渡りアンバリッドの方へ行ってみました。大きなヘリコプターの音が聞こえて来たので上を見上げるとヘリコプターが低空飛行しています!アレクサンドル3世橋とヘリコプターをパシャリ。その後2台のヘリコプターが低空飛行してきて、何かと思えばアンバリッドの前に着陸しました。砂埃が立つものの、一瞬で完璧に着陸するのを間近で見ることが出来ました。

フランス革命 シャンゼリゼ パレード フランス革命 シャンゼリゼ パレード

パリ革命記念日のフィナーレを飾るエッフェル塔の花火についてはコチラから

関連記事

  1. ヨーロッパ文化遺産の日「Journées du Patrimoi…
  2. シャンゼリゼ通りでのトロピカルカーニバル
  3. サン・ジャックの塔、期間限定公開が開始しました!
  4. チャイニーズニューイヤー in PARIS
  5. ミラノ国際博覧会 Milano Expo 2015
  6. ディズニーランド・パリのハロウィーンデコレーション
  7. 2015年から始まった車禁止DAY! Journée sans …
  8. チュイルリー公園 夏の移動式遊園地 La Fête Forai…

ヨーロッパ便り

HERMÈS Bag A to Z

HERMÈS Color A to Z


お洒落な旅行グッズ



PAGE TOP