これはパイプではない。「ルネ・マグリット」

ベルギーのシュルレアリスト、画家ルネ・マグリット(René Magritte)

現在ポンピドゥーセンターにて、ベルギー人画家ルネ・マグリット(1898-1967)の企画展を行っています。シュールレアリスムを代表とする作家である彼の作品は、日常の現実を一風変えてだまし絵的な技巧を用いて表現したり、非現実的な風景や物体と掛け合わせたり、鑑賞者は彼の作品を見ると奇妙な感覚に陥るとともに、何を表現しているのかがわからず困惑してしまうのです。彼の作品では絵画に描かれているイメージとタイトルの内容がかけ離れていることもあり、鑑賞者は絵画鑑賞を通してマグリットの意図した哲学的なメッセージを探ります。

ルネ・マグリット

 

「イメージの裏切り」
La Trahison des Images (The Treachery of Images)

マグリット1929年作、ロサンゼルス現代美術館所蔵作品です。リアルに描かれたパイプの下に「これはパイプではない」という一文が書かれています。こんなにも写実的に描かれたパイプがパイプではないとは・・一体どういうことなのでしょうか?マグリット曰く、パイプのイメージを描いているだけで、これは煙を出す本物のパイプではない、絵でしかない。ということなのだそうです。絵画は言葉と同様、現実を写し取るものではない、として言葉とイメージの表現を追求しました。哲学者ミシェル・フーコーは1973年に出版した書籍「これはパイプではない」の中でこの作品についてを論考しました。

ルネ・マグリット

ルネ・マグリット

ルネ・マグリットホームページ
ルネ・マグリットの作品に関するページ【Artsy】

関連記事

  1. 大ヒットした映画「Les minions ミニオンズ」のキャラク…
  2. 世界のスーパードール、バービー展がパリにて開催。
  3. Night at the museum!パリ、夜の美術館開放の際…
  4. 美の饗宴展 すばらしき大原美術館コレクション〜国立新美術館〜
  5. 映画が重要な文化として定着しているパリの映画美術館と情報サイト
  6. 4回目の大規模デモ(黄色ベスト)がパリにて実施されました【状況随…
  7. ここはパリ?街中に出現した砂浜! Paris Plages 20…
  8. 世界一のショコラティエを選ぶワールドチョコレートマスターズの20…

★ランキングに参加しています★

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

↑↑それぞれ↓↓ に応援クリックお願いします♪

★パリの観光名所一覧はココをクリック!★

Command+Dでページにブックマーク♪




パリ便り

エルメスバッグ辞典

エルメスカラー辞典




categories

PVアクセスランキング にほんブログ村

お問い合わせ

いつもエルメスファンのための雑学帳にお越し下さりどうもありがとうございます。

お問い合わせはお気軽にこちらのページからどうぞ♪

PAGE TOP