パリの紋章はなぜ船の模様なのか?

波の上の船とFluctuat nec mergiturという言葉が紋章に記されています。

パリを示すエンブレムには船の模様があしらわれています。パリは海に面していないのにどうしてかしら?と思うかもしれません。船の紋章と共に記載されているFluctuat nec mergiturという言葉も何を意味しているのでしょうか?この意味を解くにはフランスの歴史を辿ってみる必要があります。

パリにて力を誇った水の商人組合

パリの街は常にセーヌ川の恩恵を受けて街をどんどん大きくしていきました。パリには水の商人組合(La Corporation des Marchands de l’eau)があり、その代表者であるLe Prévôt des marchandsが川の交通、物資、税金、公共事業などを統率していました。組合は水の給水に関して独占的な特権を持つようになり、パリにて大きな権力を持つまで成長しました。

なぜ船なのか?

さて、シンボルが初めて登場したのはフランスカペー朝第7代目の王フィリップ2世尊厳王/オーギュストとも呼ばれるフランスの領地を拡大し強国にした王)(1165-1223)の治世下です。このセーヌ川と船をデザインした紋章が水の商人組合の権力を表すシンボルとして登場したようなのです。

なぜ赤と青?

赤色はパリの最初の司教であるサン=ドニの旗の色、そして当時のフランス軍の旗の色であり、殉教者の血を表しているそうです。青色は聖母マリアの服装の色であり、当時一番高価で貴重だった色だったことからフィリップ2世により選ばれたようです。

紋章の時代による変化

その後フランスカペー朝第9代目ルイ9世(和平協定を各地で結び、フランスを繁栄させた王。死後カトリック教会より列聖されサン=ルイと呼ばれる)(1212-1270)時代に組合の代表者は国王の権限下で選出されるようになります。そのためこの水の商人組合はパリ市長の前身とも言えるのです。そしてこの紋章は公式に利用されるようになりました。

その後、フランス・ヴァロワ朝第3代シャルル5世(賢明王、税金の基礎となる徴税を始めた)(1338-1380)により1358年に王のシンボルである白百合の花、フルール・デ・リスが加えられ、現在の形のようになりました。 時代の権力者によって白百合の花、冠、星、オリーブの枝などと変更されています。ナポレオン1世時代には金色のミツバチがデザインされていました。

パリ 紋章 観光

Un jour de plus à Paris

こちらのモザイクはメトロ1番線のHôtel de Ville駅にて見ることができます。

パリ 紋章 観光

 

Fluctuat nec mergiturという言葉の意味は?

「たゆたえども沈まず」「波に襲われても、決して沈まない」という意味を表しています。この言葉がパリにて記されるようになったのは16世紀からとのことですが、このモットーは南仏のニースやマルセイユよりももっと西に位置するエイマルグという地域にても使われていた記録があるようです。1581年にはFluctuat at nunquam mergiturという少し単語の異なる言葉もあり、向かい風を受けた船が雲から出る手に支えられて前に進んでいるというものもあったようです。Fluctuat Nec Mergiturという言葉は1853年皇帝ナポレオン3世とともにパリ市街の改造計画(行政区再編)を推進したオスマンによって正式に採用されました。長い歴史の中で起きた様々な出来事、革命などを経験したパリの力強さや活力、生命力を示す言葉として採用されました。

 

どこでこの船のマークを見かけることができる?

船マーク、意外と色々なところに潜んでいるので、探してみても面白いと思います。公共の施設、駅、ベンチの横側などです。見事な美しさを誇るアレクサンドル3世橋にもFluctuat Nec Mergiturと実は彫刻されています。

 

フランス国旗のトリコロールもパリの紋章に関係している?

フランス国旗は青白赤ですが、こちらはパリの伝統的な紋章の色である赤と青と、その間に君主制を表す古代フランスとしての白色を足したもので縦横の比率は2:3。フランス革命時にパリの標章である赤と青をパリ市民軍も帽章(cockade)として利用しており、革命を意味する色ともなりました、その2色に加えて、王、もしくは君主制を表す色としての白色が足されたようです。その後この3色はフランスの標語である、自由(青)・平等(白)・博愛(赤)を表す色と呼ばれるようになりました。

 

【★パリの観光地を地区別にまとめたページもご覧ください★】

皆様の温かい応援が日々の更新の励みになります。
応援クリック、それぞれにどうぞよろしくお願いします!!
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

関連記事

  1. パリの思い出にお土産のメダルはいかがでしょうか?
  2. こちらの動物、フランス語で何というでしょう?
  3. パリ路上の犬の落とし物が減った理由
  4. 夜のパリ。少し不思議な組み合わせ
  5. パリのメトロをキレイにしてまわるお掃除チームの存在!
  6. パリのWi-fiスポットを探す時の5つのポイント
  7. パリと名前がついているけれど、日本では知名度が低い「パリ・ボーヴ…
  8. パリのガラス瓶収集ボックスについて

★ランキングに参加しています★

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

↑↑それぞれ↓↓ に応援クリックお願いします♪

★パリの観光名所一覧はココをクリック!★

Command+Dでページにブックマーク♪

パリ便り

エルメスバッグ辞典

エルメスカラー辞典

categories


PVアクセスランキング にほんブログ村

PAGE TOP