クリスマスツリーに本物のもみの木をフランス家庭では使用します。

クリスマスツリー

フランスでは造花ではなく、基本的に本物のもみの木を利用します。

フランスのクリスマスで驚いたことの中に、クリスマスツリーがどの家でも本物のもみの木ということです!新鮮なもみの木の香りを感じないと、クリスマスという感じがしないわ!とフランス人が言っていましたが、確かにこれに慣れるとプレスチックには戻れません・・。

街中でもみの木を購入することができます!

皆が本物を購入するため、街中ではクリスマスツリーがスーパーマーケットや花屋さんの前にドドンと並べてあり、ある意味11月〜12月の名物です。モノプリでもモミノ木を購入できます笑。でもあまり枝が綺麗な感じではないです。こんなに沢山の本物のもみの木、使用後はどうなるの!?と心配になりますが、ちゃんとリサイクルに出せるようですので、エコロジー的にもひとまず安心です。しかしフランス中の家庭が本物を購入するのだから・・・相当な本数のもみの木が必要だなぁ・・と考えてしまいます。

パリ もみの木

フランス語でクリスマスツリーは何という?

フランス語でクリスマスツリーはLe Sapinと呼びます。初めてサパンと聞いた時はえ?ラパン(うさぎ:lapin)?サーパン(蛇:英語のserpent)?と全く理解できなかったのが懐かしいです。

料金はいくらくらい?

大体2メートルくらいで100ユーロ前後でした。このように網で覆われているものを購入して、家で開きます!日本だと、あまり本物のもみの木をわざわざ購入する習慣がないので、料金はもっと高いのではないでしょうか?

クリスマスツリー もみの木 パリ

既に白くパウダーで加工されているものも販売しています。白いパウダーだけでも18ユーロ程度で販売していました。クリスマスツリー もみの木 パリ

我が家の今年のもみの木!いい香りが部屋に漂います〜♪とてもしっかりしていて、存在感も抜群です!

クリスマスツリー もみの木 パリ

 

▶パリの観光地を地区別にまとめたページもご覧ください★】
【▶パリの旬なイベントをまとめたページもご覧ください★】

ブログランキングに参加しています♪ 皆様の温かい応援が日々の更新の励みになります。
お手数ですが、応援クリックをお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
↑↑それぞれ↓↓ にポチっ、ポチっとお願いします!!

関連記事

  1. プランタンのクリスマスデコレーション2018
  2. クリスマスイルミネーションの輝くシャンゼリゼ通り
  3. 期間限定!エルメスの可愛いクリスマスカードをスマホで送信できます…
  4. プランタン:イルミネーション
  5. クリスマスのプランタンデコレーション
  6. ギャラリーラファイエット:クリスマスツリー2015
  7. ヴァンドーム広場のクリスマスデコレーション
  8. チュイルリー庭園にて開催のクリスマスマーケット2018年!

★ランキングに参加しています★

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

↑↑それぞれ↓↓ に応援クリックお願いします♪

★パリの観光名所一覧はココをクリック!★

Command+Dでページにブックマーク♪




パリ便り

エルメスバッグ辞典

エルメスカラー辞典




categories

PVアクセスランキング にほんブログ村

お問い合わせ

いつもエルメスファンのための雑学帳にお越し下さりどうもありがとうございます。

お問い合わせはお気軽にこちらのページからどうぞ♪




PAGE TOP