世界一のショコラティエを選ぶワールドチョコレートマスターズの2018年度受賞者!サロン・デュ・ショコラにて

サロン・デュ・ショコラの目玉 チョコレートの世界選手権!

ワールドチョコレートマスターズとは?

2005年から開始された国際的なチョコレートの大会。チョコレート業界においては、この大会にて優勝することは一番厳しく名誉のあることだそうです。主催は世界最大手のチューリッヒの高級チョコレート・カカオメーカー「バリーカレボーグループ」一員の、フランスのチョコレートメーカー、「カカオバリー」社です。約2年に1度、世界を代表するショコラティエによるチョコレートの熱き闘いが繰り広げられており、今年で7回目の大会でした。2018年は世界中から20名のショコラティエが各地の予選を勝ち抜いて集結。審査員も20名です。10月31日〜11月2日にサロン・デュ・ショコラ内にて決勝戦が開催されました。同じくサロン・デュ・ショコラ内にて発表されるチョコレート愛好家によるC.C.C賞はどちらかというと少しマーケティングよりの賞ですが、こちらはショコラティエ個人同士の技術勝負!

【サロン・デュ・ショコラとC.C.C賞について記載したブログページはこちら】

 

2018年の大会テーマ

「Futropolis」と名付けられたテーマで、未来のチョコレートを挑戦者達に考察させる、革新と創造性の高い課題でした:チョコレートに対する消費者の好み、トレンドの動向、産み出される新技術など、チョコレートを制作していく中で今後様々な課題に直面することでしょう。そのため、今年は新たなテイストやコンセプトを持つ、未来のチョコレート業界を予期させるような作品が求められました。審査においては味だけでなく、見た目の芸術性、卓越した技術、デザートにおいての創意工夫、クリエイティビティなど、様々なポイントにて点数を獲得しなければ勝ち残れない試合なのです。

チョコレート マスターズ  チョコレート マスターズ 

 

2018年ワールドチョコレートマスターズランキング

ワールドチョコレートマスターズ パリ

1位 スイス代表 Elias Läderach

イギリスにある高級デパートハロッズとの契約が決まり、受賞作品は、ロンドンのハロッズ本店にて展示されるそうです。彼の手がけるチョコレートショップ Laederach
Eliasさんの今大会の作品はこちら。

2位 フランス代表 Yoann Laval

彼はDelices des sensというショコラティエのシェフです。
Yoannシェフの今大会の作品はこちら。

3位 アメリカ代表 Florent Cheveau

彼は有名なMGM Grand Hotel & Casinoのパティスリーシェフさんだそうです。
Florentシェフの今大会の作品はこちら。

4位 日本代表 垣本晃宏さん(京都・アサンブラージュ カキモト)

その細かさ、丁寧さは多いに審査員に評価を得たそうです。垣本シェフのお店は2016年4月に京都にオープンしました。なんと、パティシエ、ショコラティエ、料理人(キュイジニエ)でもある垣本晃宏シェフ。ケーキやチョコレートのほか、ディナーも完全予約制にて楽しむことができます。前回2013年ワールドチョコレートマスターズでも日本代表として出場、総合第4位。今回も惜しくも前回出場時と同じく4位となりました。
垣本晃宏シェフの手がけるアサンブラージュカキモトはこちら。

 

全3ラウンドでの7つの課題

制作必須項目も3日で7種類と多岐にわたります。作品は1位になったスイス選手の作品をピックアップしてみました。

10/31 1日目 全20名

“The Futropolitan”というテーマ、未来をイメージさせる大型展示作品

とても美しい展示作品が観客をお出迎え!未来を感じさせる美しい作品です。
ワールドチョコレートマスターズ パリ

下記は日本の代表、柿本さんの作品。野菜とチョコレートの融合! ワールドチョコレートマスターズ パリ

””近い将来、新鮮な野菜やハーブは、果物より利用しやすくなる考えています。ローズマリーやディルのようなハーブの刺激的な香りは、食品とうまくマッチし、グルメフードには欠かせないものです。

将来、都市で食糧を育てるのは難しくなると思います。特に、果実は木が育つことが必要です。野菜はそれほど多くの栽培スペースを必要としないため、未来ではより多く使用されると考え作品に取り入れました。また、チョコレートの世界では、チョコレートと野菜を同時に使用できると考えています。(本人コメント プレスリリースより)””

チョコレートトラベルケーキと名付けられた、旅行者のスタイルに合わせた新たなガトーショコラの創造

ワールドチョコレートマスターズ パリ

 

11月1日  2日目 全20名

未来を感じさせるチョコレートタブレット

ワールドチョコレートマスターズ パリ

ストリートフードのような、未来のチョコレートスナック菓子

ワールドチョコレートマスターズ パリ

枠にとらわれないチョコレートボンボンワールドチョコレートマスターズ パリ

 

11月2日はファイナルラウンド!10名

“CITY OF TOMORROW”というテーマチョコレート展示作品

自然の躍動感ある動きと、3Dプリントによって描かれた洗練された女性の静かな佇まいが美しいコントラストを描き出している芸術作品です。

ワールドチョコレートマスターズ パリ

下記は2位のYoanne Laval選手によるCity of Tomorrow。どちらも芸術的です。近未来の雰囲気が溢れ出ています。

ワールドチョコレートマスターズ

新鮮なチョコレートパティスリー

全て新鮮な食材で、冷蔵を利用せず、砂糖も控えめに、すべてフレッシュな状態の中で制作しなければならない作品で時間との勝負でありつつ、丁寧に仕上げなければならない究極の闘い!ワールドチョコレートマスターズ パリ「パティスリーの糖度には特に注意を払いました。使用したのは僅か4%の砂糖。これは、通常ぺストリーに使用される平均的な砂糖の使用量より約60%少ない量になります。また、新鮮なフルーツを使用し、とてもにエレガントな形に作り上げました。作品制作は、私にとって、3Dペインティングのようなもので、ダイナミックゲームの“静”と“動”を表現しています。内側には、沈黙を象徴する女性、その周りで浮かんでいる葉が動きを象徴しています。私の情熱とチョコレート芸術への愛を反映した渾身の作品です。(本人コメント プレスリリースより)」

チョコレートの奥深い世界を垣間見たような気持ちになりました。今回出場した20選手の作品についてはこちらのワールドチョコレートマスターズのページにて、見ることができます!本ブログ内の写真は全てワールドチョコレートマスターズの公式ページより拝借致しました。

 

【★パリの観光地を地区別にまとめたページもご覧ください★】

ブログランキングに参加しています♪ 皆様の温かい応援が日々の更新の励みになります。
お手数ですが、応援クリックをお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
↑↑それぞれ↓↓ にポチっ、ポチっとお願いします!!

関連記事

  1. モンマルトルのサクレ・クール大聖堂前にて行われた観客もドキドキの…
  2. チュイルリー公園 夏の移動式遊園地 La Fête Forai…
  3. 夏季毎週土曜日!ライトアップされた幻想的な夜のベルサイユ宮殿庭園…
  4. 知らなきゃ損!期間限定、注文すると相手の分がタダになるお得なレス…
  5. 抽象画のパイオニア、クプカの魅力に迫る!
  6. バレンタインデー!公共の場にラブレターを仕込ませてみては?
  7. 再オープンしたリッツ パリ!チェックすべき8つのポイント
  8. ディズニーランド・パリのハロウィーンデコレーション

★ランキングに参加しています★

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

↑↑それぞれ↓↓ に応援クリックお願いします♪

★パリの観光名所一覧はココをクリック!★

Command+Dでページにブックマーク♪

パリ便り

エルメスバッグ辞典

エルメスカラー辞典

categories


PVアクセスランキング にほんブログ村

PAGE TOP