エルメスバッグ素材一覧

エルメスのバッグに使用されている素材一覧

エルメスのバッグには実に様々な素材が利用されており、それぞれに特徴、魅力があります。こちらのページでは簡単に紹介をさせて頂きます。これから写真や、新素材も追加してまいります。

牛革

ボックスカーフ

雄の仔牛革。表面はスムーズでなめらか、光沢感がある。型押しなし。

ヴァシェット・クリスペ・トゴ

雄の仔牛革。型押しの腑はトリヨンクレマンスよりも細かめ。

トリヨンクレマンス

トゴよりも型押しの腑が粗く、柔らかめの素材。使用しているとクタっとしてくるので少しカジュアルな雰囲気もします。

ヴァッシュ・ナチュラル

雌の牛革。なめしを施して、染色・塗装がされていない革そのままの自然な状態。ヌメ革。

ヴォー・グレネ・クシュベル

雄の仔牛革。細かい型押しが施してあり、ガラス加工が施してあるため光沢感がとてもある。VGC

ヴァシェット・グレネ・リセ

雄の仔牛革。廃盤となったクシュベルの後継として発売されたもので、こちらにも細かい班押しと、ガラス加工を施してあります。

ヴァシェット・グレネ・アルデンヌ

雌の仔牛革の粗目の型押し。頑丈でしっかりとしており、クタッとしないのがポイント。

ヴォー・グレネ

雄の仔牛革。クシュベルのようにとても細かい型押しが施してあります。光沢感はありません。

ヴォー・バレニア

雄の仔牛革。マットな質感。防水性がよく、弾力性もあります。

シャモニー

雄の仔牛革。ボックスカーフと似ていますが、こちらの方がしっとりとした質感、ナチュラル色のみ展開しています。

ヴォー・ガリバー

雄の仔牛革。とても細かい小さな型押しが施されています。

ヴォー・ベロア・ドブリス

雄の仔牛革。裏革に表面起毛剤加工が施されています。

ヴォー・トロイカ / ハラコ

ハラコといえば食肉の副産物で、まだ出産されていない、もしくは生まれてすぐの牛の胎児の皮を取って素材としたものを指します。 ビロード状でとても綺麗な素材です。

 

山羊革

シェーヴル・コロマンデル

腑が細かく、縦線のように連なっているのが特徴。光沢があり、艶が感じられる。軽めの素材。

シェーヴル・ミゾール

腑が細かく、縦線のように連なっているのが特徴。コロマンデルよりもしっかりしている。

シェーヴル・シャグラン

雌の山羊革。コロマンデルのように腑が細かく、かつ隆起しているのが特徴。柔らかい素材。

アグノー

仔羊の革。光沢感があって柔らかい素材。

シェーヴル・マロカン・アニリン

モロッコ産の山羊革。アリニンという無色、油状の染料を利用している。

ヴィヴラート

羊の革を何十枚も重ね、縦に裁断したものをバッグの表面に貼っている手の込んだ素材。

ヴィヴラート・スニップ

羊の革を何十枚も重ね、縦に裁断したものを更に横からも裁断して、その組み合わせたものをバッグ表面に貼っているとても手の込んだエルメスならではの素材。

 

爬虫類 ワニ

クロコダイル素材のバッグがどのワニ革を使っているかについては刻印から判別することができます。

クロコダイル・ポロサス

主にシンガポール産のワニ革。クロコダイル素材の中でもポロサスの腑は細かく美しく、まさに最高級素材。

クロコダイル・ニロティカス

主にマダガスカル、またはジンバブエ産のワニ革。ポロサスに比べると腑が大きめ。こちらも高級素材。

クロコダイル・アリゲーター

主にミシシッピー産のワニ革。腑がニロティカスよりも大きめ。ポロサスとニロティカスに比べると買取金額は安めになるものの高級素材。

クロコダイル・セミマット

ワニ革をなめして軽くし、光沢をなくしているので、落ち着いたマットな質感に。通常よりも行程が多くなるため、最高級素材に一手間加えて製造される最高級素材。

 

爬虫類 トカゲ

リザード

ジャワ産のトカゲ革。細やかな腑が美しく、艶がある。発色が綺麗なこともポイント。

オンブレ

リザードの中のヒマラヤと呼ばれているもので、正式名はLEZARD SALVATOR NATURA LISSEという名称。リザードの自然のままの美しさが最大限に生かされています。

水牛/バッファロー

ダルメシアン

革の凸部分に別色を染色してまるでダルメシアン犬のような斑模様になっています。

ブッフル・スキッパー

水牛革のわりと粗目の型押し。光沢があり、防水性に富んでいます。

 

豚革

ポーク

豚の自然な革の雰囲気を感じることのできる素材。よく見ると毛穴の痕が3つの点として三角形に構成されているのがポイント。革の通気性が良く、他の革に比べて軽量で摩擦にも強いのが特徴。ナチュラルカラーのみで展開。段々と飴色のようにこなれてくるのがお洒落。

 

ダチョウ

オーストリッチ

主に南アフリカとオーストラリア産のダチョウ革。革の表面には羽毛を抜いた際にできる凹凸の斑紋が美しい間隔をあけて浮かび上がっているのが特徴。柔軟で柔らかく軽やかな素材。クロコダイル同様、最高級素材。限られた数の生産になっているため、年々希少になっています。

エミュー

ダチョウよりも小さめのエミューの革を素材としているもの。

 

布地

トワル・アッシュ

茶色と生成り色の糸を平織りにしたもので、ぱりっとしたキャンバス地。落ち着いたベージュ色のように見えます。

トワル・パイユ

黄色と生成り色の糸を平織りにしたもので、こちらもぱりっとしたキャンバス地。温かみのある麦わら色に見えます。

トワル・ジーン

コットンキャンバスのデニム素材。他素材とコンビネーションで製造されることが多く、カジュアルな雰囲気のバッグに

トワル・オフィシエ

細い糸で織られています。

トワル・ジヴェシェール

カーキ色のみで展開しているもので、細い糸で織られています。

トワル・セリス

赤色と生成り色の糸を平織りしたもので、こちらもぱりっとしたキャンバス地。温かみのある薄い赤色に見えます。

トワル・ホゴン

白と、色付きの糸を平織りしたもので、こちらもぱりっとしたキャンバス地。

クリノラン

馬の尻尾の毛と麻糸とで織り上げて作られています。さりげない光沢が美しく、そして丈夫な素材です。

メタルクリノラン

クリノランに繊細なシルバーの編み込みが施されたハイセンスな素材です。

 

その他

アマゾニア

キャンバス地にゴム樹脂加工を施した素材で柔らかめ、防水性があります。

パナマ

パナマ草を織り上げた素材。少し麦わら帽子のような雰囲気です。

ロカバール

ウール素材。カラフルでとても温かみがあります。

HERMÈS Bag A to Z

HERMÈS Color A to Z

ヨーロッパ便り

最近のノート

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

皆様の温かい応援が日々の更新の励みになります。

応援クリック、どうぞよろしくお願いします!

PAGE TOP