貴金属につけられる「ホールマーク」はエルメスのバッグにもあるのだろうか?

 貴金属に見ることのできるホールマーク

 

ホールマークとは

金や銀のアクセサリーを見ると、ジュエリー製造者・メーカー名と共に品位表示がいくつか刻印されています。貴金属の純度を示したもの(金:22K-917、18K-750、14K-585など、銀:スターリングシルバー-925)と共に刻印されているマークがあるかと思います。それは品質を保証する鑑定を受けたことを示す消費者保護のためのマーク、ホールマークと呼ばれています。今回エルメスバッグの金具についているマークを見る前に、イギリスとフランスでのホールマークを見てみたいと思います。

 

イギリスのホールマーク

アンティークの銀製品がお好きな方でしたら、イギリスの銀製品についたホールマークをご覧になったことがあるかもしれません。一番わかりやすいのは、スプーンの後ろにずらっと並んだマークです。銀製品の品質管理を徹底しているイギリスでは、12世紀頃より銀の取引法が決められていたといいます。

13

14世紀にはアッセイオフィスという検定所にて金属の純度を検査し、品質保証認定の刻印を押したものでないと商品として世に出せないというほどの管理を始めました。刻印は製造者・メーカー名、品質保証マーク、鑑定オフィスのマーク、製造年号のアルファベット、(どの王の在位期間かを示すマーク)が刻印され、これらをまとめてホールマークと呼んでいます。イギリスの銀製品は古くより厳格な品質管理を国が徹底して管理してきているため、ホールマークを見ることによって製品の品質はもちろん、製造者、製造年代、場所まで特定することができ、安心してアンティーク収集を楽しむことができるのです。

12

イギリスでは1975年に全国統一のホールマーク法が施行されました。
鑑定オフィスのマーク(左)
純度を示すマーク(右)

 

フランスのホールマーク Les poinçons

フランスもイギリスと並んで早い時期から貴金属の品質を認めるマーク(Les poinçons)を国の徹底した管理のもと使用してきています。貴金属の種類と純度、製造された国を表しているそうで、下記図によるとフランス製造の18Kは鷹、14金はホタテ貝、銀は横顔のミネルヴァ、プラチナは犬といった刻印になっています。年代によってデザインが異なる年もありバリエーションは豊富です。フランス以外で作られ、フランスに輸入されたジュエリーも鑑定を同様に受け、異なるマークが使用されています。

1

 

エルメスのゴールド金具のバッグに施されている四角い刻印

エルメスのバッグにはゴールド金具のバッグの場合、金具に刻まれたHERMÈS-PARISのすぐ後ろにゴールド素材であることを示す四角形の刻印が施されています。恐らく1989年(〇S刻印)頃から付けられるようになったようです。ゴールド金具の純度を示すためのものかと思いきや、四角の中は難しく組み合わされた線が刻まれていたり、アルファベットが彫り込んであったり、動物のような模様がついていたりと様々です。ただエルメスショップでは刻印やホールマークなどを見て購入するなんてことはできませんので、購入してからのお楽しみ!というところがポイントですね。

バーキン30 ゴールド金具 黒 

同年製造のバッグでも同じマークと異なるマークがあります。

2016年のX刻印、特に後半になってきて四角の中にとある模様を見かけるようになりました。こちらはバーキン30 ゴールド金具 黒 トリヨンクレマンスです。ゴールド金具のロゴ部分を確認してみましょう。新品のバッグには金具部分に保護シールが貼ってあります。

バーキン30 ゴールド金具 黒 

光の反射の向きを変えてよく見えるようにすると・・・

6

少しロゴを拡大していますので、偽造バーキン防止のため星マークで一部隠しておりますが、PARISの横、四角がついています。これがバーキンやケリーの金具のところについているホールマークです。今回の模様は四角の中に小さな可愛らしいマークがあることがおわかりになりますでしょうか?まるでバッグ形!ちょこんと下の方に刻まれています。拡大してみると・・・隠してありますがアルファベットの下にバッグ形のマークがあることがわかるかと思います。こんな小さなところにまでエルメスの粋なデザインが施されていることを発見し、ますますエルメス好きの心がくすぐられました。

4

とある年代のホールマークにはこんなものも・・・

可愛らしいハートマーク

なんと2文字のアルファベットの間に可愛らしいハートが入っているホールマークもあります。プレゼントに最適ですね!お客様のイニシャルだったら更に嬉しいですね!

エルメス ホールマーク 金具

エルメス ホールマーク 金具

 

一般的なホールマーク

何模様なのかいまいちよくわからないのですが、1990年代以降のバッグで一番良く見かけるマークです。なんだかやかんをスマートにしたような雰囲気の柄、いったい何を意味しているのでしょう?このような模様をベースに作業する職人によってちょっとずつ自己流の彫られ方がなされているようです。

エルメス ホールマーク 金具

エルメス ホールマーク 金具

 

輝く太陽のようなマーク

エルメス ホールマーク 金具エルメス ホールマーク 金具

関連記事

  1. 珍しいふくろう柄のレアなミニケリー
  2. レア!馬の尻尾の毛をを素材とする「クリノラン」と「メタルクリノラ…
  3. 小粋なリザード素材のケリー25cm特集
  4. エルメスのスエード素材「ヴォーグリズリー」
  5. あのディズニー映画を思い出す!ひと手間かけて作られた美しいカラー…
  6. 軽量化が進んだ丈夫な最先端トワル!「トワル・アッシュ・テクニック…
  7. 寄木細工のようにエルメスのHが組み合わさった「トワルモザイク」
  8. 憧れのエルメス キャンディバーキン・ケリーまとめ

HERMÈS Bag A to Z

HERMÈS Color A to Z

ヨーロッパ便り

最近のノート

PAGE TOP