パリの美術館

  1. 映画が重要な文化として定着しているパリの映画美術館と情報サイト

    フランスの映画文化レンタルビデオショップやインターネット上でNetflixやHuluなどのサイトを利用して映画を簡単に家に居ながら見ることができる時代となりましたが、フランスでは毎週水曜日に新しい映画が次々と公開されます!会話の中にも新しい映画何か見に行った?というフレーズがよく出てくる程、映画…

  2. ひと味違うパリ観光!リニューアル工事前の下水道博物館。

    パリ下水道博物館 Musée des Égoutsリニューアル工事のため2018年7月2日から2020年初めまで現在閉鎖中の下水道博物館。華やかな花の都パリの地下を縦横無尽に走る下水道の一部を実際に見学することのできる下水道博物館への入り口が実はエッフェル塔の近く、セーヌ川沿いにひっそりとありま…

  3. 巨大な空間が主にクリムトの絵画で埋め尽くされるデジタルアート展!

    アトリエ・デ・リュミエール ATELIER DES LUMIÈRES光のアトリエという名前のついたパリの新しい観光スポット、アトリエ・デ・リュミエール!最先端のデジタルアートと音楽の融合を体験することの出来る場所として今年4月にオープンしました。3300㎡のスペースに投影される美しい絵画。…

  4. 抽象画のパイオニア、クプカの魅力に迫る!

    フランティシェク・クプカ展ーグラン・パレにて。86年の生涯の中で様々な芸術表現を試みた抽象絵画の先駆け。グラン・パレ展では3月末から長らく彼の回顧展を行っていましたが、先週が最終週だったので、遅ればせながら行ってまいりました。フランティシェク・クプカは1871年に当時の東ボへミア(現在のチェ…

  5. パリから日帰り旅行!ゴッホが生涯最後の70日を過ごした村

    オーヴェル=シュル=オワーズ (Auvers-sur-Oise)フィンセント・ファン・ゴッホが1890年7月29日亡くなるまでの最後の70日間を過ごした村。アルル近郊のサン=レミでの療養後、ゴッホはパリ近郊30km北に位置するオーヴェル=シュル=オワーズに移り住んで制作を続けました。5月20…

  6. パリに来たら是非訪れたい美術館!マレ地区にあるピカソの国立美術館!

    とても広大なピカソ美術館マレ地区には国立のピカソミュージアムがあり、思う存分彼の作品を鑑賞することができます。17世紀の貴族の邸宅であるオテルを利用している美術館内には豪華な空間が広がっています。中は昔からのクラシックな部分と、モダンな形状の部屋が混じっています。ピカソは生涯の大半をフランスにて…

  7. クリスチャンディオールの70周年記念展

    パリの装飾芸術博物館にてクリスチャン・ディオール70周年イベント開催中パリのルーブル美術館隣に位置する装飾芸術博物館(Musée Des Arts Décoratifs)。この博物館はルーブル美術館の見学が終わった後の観光客にとっては、見過しがちなスポットではありますが、モダンな造りの館内、そし…

  8. これはパイプではない。「ルネ・マグリット」

    ベルギーのシュルレアリスト、画家ルネ・マグリット(René Magritte)現在ポンピドゥーセンターにて、ベルギー人画家ルネ・マグリット(1898-1967)の企画展を行っています。シュールレアリスムを代表とする作家である彼の作品は、日常の現実を一風変えてだまし絵的な技巧を用いて表現したり、非…

  9. パリのギャラリー GALERIE PERROTINに村上隆が来仏!

    Murakamiついこの間「まさかMurakamiが来ていたなんて!一大チャンスを逃してしまったぁ!」と友人が嘆いていました。ヨーロッパでも村上春樹小説は人気があるので、本のサイン会がまたどこかであったのかしら?と思っていたところ、今回は現代アーティストのMurakami、村上隆さんがいらしてい…

  10. 要塞から宮殿、そして美術館となったルーヴル美術館

    ルーヴル美術館 Musée du Louvre ルーヴル美術館の膨大なコレクション世界最大級の美術館であるルーヴル美術館。約38万点以上の収蔵品があり、展示場の総面積は60,600㎡以上、全長約16kmにも及ぶ通路に3万5000点以上の美術品が展示されているそうです。1年に訪れる観光客は約1…

  11. 一度見たら絶対に感激するMust Visitスポット!パリ最古のステンドグラスが美しい教会「サント・シャペル」

    世界遺産エリアにある美しい教会サント・シャペル1,113もの煌めくステンドグラスに囲まれる体験。パリ、ノートルダム大聖堂のあるシテ島の中に、レイヨナン式ゴシック建築の小さな教会があります。パリ最古の美しいステンドグラスを見ることのできる教会ですので、パリ観光では見逃せない場所…

  12. 国立の企画展ギャラリーを楽しむ事のできるグラン・パレ

    Le Grand Palais グラン・パレシャンゼリゼ通りにあるChamps-Elysées-Clémenceau駅のすぐ目の前にグラン・パレは位置しています。1900年にパリ万国博覧会のために建てられた建造物で、万博中はメイン会場として利用され、終了後も展示会や見本市を数多く開催、2000年…

  13. ノートルダム大聖堂の上空から

    シテ島を上空から眺めると・・・シテ島セーヌ川の中洲に浮かぶ2つの島のうちの1つがシテ島です。シテ島とサン・ルイ島は、パリの発祥の地と呼ばれているパリの中央に位置しています。シテ島にはノートルダム大聖堂、マリー・アントワネットが最後に過ごした牢獄コンシェルジュリ、美しいステンドグラスが有名なサ…

  14. パリの高級住宅街 Avenue Foch

    パリで1,2位を争う高級住宅地Avenue Foch誰もが知る高級住宅地エリアAvenue Foch(フォッシュ通り)は凱旋門のあるシャルル・ド・ゴール広場から伸びる12本の大通りのうちの1つで、ブローニュの森まで続いています。オフィスが立ち並ぶ進行開発地区La Défenseに向かうAve…

  15. 緑の茂るパリの癒し空間 パリ植物園と自然史博物館

    緑豊かなパリ植物園と自然史博物館 セーヌ左岸・パリ5区、オステルリッツ駅のすぐ北側、お散歩に訪れたい癒しの空間、パリ植物園が広がっています。植物園のまわりを取り巻くように自然史博物館の建物が点在しており、動物園もあります。 この一帯は、1635年にルイ13世の命令により「王立薬用植物園」が創設さ…

★ランキングに参加しています★

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

↑↑それぞれ↓↓ に応援クリックお願いします♪

★パリの観光名所一覧はココをクリック!★

Ctrl+Dでページにブックマーク♪

パリ便り

エルメスバッグ辞典

HERMÈS Color A to Z

カテゴリー


PAGE TOP