ミラノ国際博覧会 Milano Expo 2015

milan_expo1

 

 

 

モードとデザインの首都、

イタリアのミラノにて行われている国際博覧会。

5月11日から10月31日までの開催です。

 

 

メインの通りの両側にずらっと各国の展示会場が並んでいます。

 

 

 

milan_expo2

 

 

 

博覧会のテーマは”地球に食料を、生命にエネルギーを”を掲げており、

世界の異なる地域での食料不足の問題、食育の問題、

遺伝子組換え物質といったテーマにいたるまで、

食料に関する広いテーマを扱っています。

 

 

そのため、博覧会に参加している国々は

展示物や販売物がそれぞれの自国の食の豊かさや、

生産性を表現している物が多く、

パビリオンの入り口近くの

フードコーナーには伝統・名物料理や飲み物が

並んでいるため、子供から大人までが関心を持ちやすく

体験して楽しむことのできる博覧会になっています。

 

 

 

milan_expo6

 

 

 

 

milan_expo3

 

 

 

milan_expo10

 

 

 

milan_expo11

 

 

 

さて、日本館は・・・・

入り口にドドンと酒樽が並んでいました!

 

 

 

milan_expo7

 

 

 

ミラノ国際博覧会 日本館のホームページ

日本館への入場は平日でしたが既に40分待ち!

(※8月13日情報:日本館来場100万人を突破)

 

 

 

milan_expo7

 

 

 

日本食コーナーは外国のお客様にも大人気です。

注文と会計を先に済ませ、

番号が呼ばれたら取りに行くフードコート形式。

 

気になる日本食のメニューは・・・

 

 

 

milan_expo9

 

※8月より柿安は人形町今半、モスバーガーは京樽に入れ替わりました。

※美濃吉はフードコートではなく、

レストラン形式で入り口も別です・・!

 

 

 

 

 

milan_expo5

 

 

 

国際展覧会は朝10時から夜の11時までオープンしており、

夜の7時以降は入場料が5ユーロになりますので、

美味しい各国の名物料理を食べに

ライトアップした夜の博覧会内へ出かけるのもおススメです。

 

 

 

 

ミラノ国際博覧会 公式ホームページ

 

開催期間:〜10月31日まで

開園時間:10時〜23時まで

 

チケット料金:デイチケット大人

–日付指定34ユーロ (夜間 5ユーロ)

–指定無し39ユーロ    (夜間 同上)

 

最寄り駅:ローフィエラ駅(RHO-FIERA)M1(メトロ赤いライン)

※ドゥオーモ駅(DUOMO)から約25分

ミラノ中央駅(CENTRALE)から約35分

カドルナ駅(CADORNA)から約20分

ガリバルディ駅(GARIBALDI)から約30分

おすすめ公式地下鉄MAP

 

関連記事

  1. パリ・スイーツ La Pâtisserie des Rêves
  2. La Défense(ラ・デファンス)
  3. 上品でクラシックなフランス料理レストラン Le Relais L…
  4. プランタンの中のカフェ〜Le Cafe POUCHKINE〜
  5. マレ地区:Place des Vosges (ヴォージュ広場)
  6. Hermès エルメス新潟伊勢丹店 新潟エリア
  7. 11月13日:パリ同時テロ事件
  8. ILE DES CYGNES 白鳥の島

HERMÈS Bag A to Z

HERMÈS Color A to Z

ヨーロッパ便り

最近のノート

SBBT店舗・営業時間

090-3104-1156 / 03-3399-1866
11:00~18:30(月・火・木・金)
11:00~17:00(土曜・祝日)
水曜・日曜定休日

晴天のパリ

晴天のパリ
PAGE TOP