18世紀後半のファッション

2

 

 

 

1793年〜1800年頃にパリで着用されていた服装のイメージです。

 

18世紀後半のフランスは、ブルボン朝の絶対君主制が続いていましたが、

自由を求める啓蒙思想が国民の間に広まり、

ついに1789年7月14日、バスティーユ襲撃を契機に革命が発生、

その後ルイ16世は処刑され王政は廃止されました。

 

 

 

1

 

 

 

ファッションについては革命以降、

ハイウエストでコルセットを用いた

今までのロココスタイルのドレスではなく、

胸下の切り返しから裾に向かって

直線的にスカートが広がるエンパイアドレスが主流になったとのこと。

素材は木綿や羊毛などの梳毛糸を平織りにした

薄地のモスリンが人気だったそうです。

 

時が進み、1820年頃になると、

再度コルセットが用いられるようになり、

洋服にも花、羽飾りがつけられ、以前のように

ボリュームの感じられるドレスも流行します。

関連記事

  1. エルメスの香水発売記念!非売品ボストンバッグ
  2. Hermès エルメス藤崎店 仙台エリア
  3. パリ通信:エルメス本店をスケッチ
  4. Hermès エルメス伊勢丹新宿店 東京エリア
  5. 映画好きのフランス人
  6. Hermès エルメス渋谷・東急百貨店本店 東京エリア
  7. 世界のエルメスショップ ブラジル サンパウロ
  8. ヴァートタイタン(Vert Titian)  2015年新色 新…

HERMÈS Bag A to Z

HERMÈS Color A to Z

ヨーロッパ便り

最近のノート

SBBT店舗・営業時間

090-3104-1156 / 03-3399-1866
11:00~18:30(月・火・木・金)
11:00~17:00(土曜・祝日)
水曜・日曜定休日

晴天のパリ

晴天のパリ
PAGE TOP